1. サカイク
  2. トピックス
  3. ユース年代日本一は広島ユース!

トピックス

ユース年代日本一は広島ユース!

2011年12月18日

キーワード:大会高校サッカー

17日、高円宮杯チャンピオンシップが行われ、初代王者に広島ユースが輝いた。
 
今年から大会方式が刷新された同大会は、全国各地域のトップチームをイーストとウエストに二分し、総当たりでしのぎを削る。そして最後に優勝チーム同士がチャンピオンシップを行い、高校年代日本一を決める。
 
記念すべき第1回大会の決勝カードは札幌U-18vs広島ユースとなった。試合はスコアレスで迎えた後半4分、大会MVPを獲得した広島MF野津田のPKで動いた。広島はさらに2分後、CKから追加点を挙げ突き放す。反撃したい札幌だったが、18分に決定的となる3点目を許してしまう。広島は終盤に1点を返されるが、前評判を覆し来季トップ昇格内定者5人を抱えるタレント軍団を破った。
 
また同日、プレミアリーグ参入決定戦が行われ、神戸U-18、旭川実業高校、鹿島ユース、作陽高校の4チームが来季からのプレミアリーグ参入を決めている。
 
神戸U-18はMF井上の先制点を皮切りに得点を重ね、大津高校に4-1と快勝を収めた。旭川実業高校は磐田ユースと対戦し1−0で辛勝。延長前半4分のMF秋林のゴールでプレミアリーグへの挑戦権をもぎ取っている。鹿島ユースは星稜高校、作陽高校は済美高校相手にそれぞれ2−0、5−1で勝利した。
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
・高円宮杯U-15が23日より開幕。全て入場無料!
・"考える"環境を与えよう
・子育ては、あえて気づかないフリをしよう
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. ユース年代日本一は広島ユース!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日

一覧へ