1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「怒鳴るだけの指導者」はプレイヤーズファーストを肝に銘じよ(鈴木康浩)

トピックス

「怒鳴るだけの指導者」はプレイヤーズファーストを肝に銘じよ(鈴木康浩)

2011年9月10日

キーワード:コーチング指導者

以下、『サッカーを読む!Jマガ』の編集長、浦山利史氏のブログより

「怒鳴るだけの指導者」はプレイヤーズファーストを肝に銘じよ(鈴木康浩)
 
■ジュニア年代の指導者は子供の将来を見据えた指導を
 
先日、関東少年サッカー大会の取材に行ったときのこと。
 
「もっと広がるんだよ!」「そこじゃない! もっと後ろだよ!」「何やってんだよ!」。ある町クラブの指導者が子供をロボットのように扱って指示を出し、怒鳴り散らしているのだ。この関東少年サッカー大会には、鹿島アントラーズジュニアや東京ヴェルディジュニア、横浜FマリノスプライマリーなどJクラブ勢も参加。8月上旬に開催された全日本少年サッカー大会よりもレベルが高い大会として知られているだけに冒頭の光景に遭遇したときは正直驚いたが、ジュニアサッカーの現場には今でも残念ながらこの手の指導者がいる。
 
※続きはこちらから
 
文:鈴木康浩
1978年生まれ、栃木県宇都宮市出身。作家事務所を経て独立。現在は栃木SCを軸にJ2からジュニアまで幅広く取材。サッカー小説も手掛ける。「サッカー批評」「週刊サッカーマガジン」「ジュニアサッカーを応援しよう!」などに寄稿している。
※このコラム「智将・松田浩とともに成長する栃木SC」は、『サッカーを読む! Jマガ』公式携帯サイト内で連載を行っています。(毎週金曜日更新)。
 
 
・・・取材の現場で接する指導者のほとんどが非常に勉強熱心で、サッカーを教育と理解し指導にあたられています。しかし、鈴木氏が語られているように、子どもたちに自分で考え判断する機会を奪い、一方的に指示する指導者の方も確かにいらっしゃいます。教育とは何か、サカイクは、教育とはやらせる、教える、与えるではなく、引き出す、導くことだと考えています。
鈴木氏の記事の続きを読んでいただければ、サカイク読者の方は必ず共感いただけるのではないでしょうか。私たち大人は、目の前の勝利についてではなく、その子の未来につながる指導を行っているということを改めて考えさせられました。
 
 
【関連リンク】
スポーツライター鈴木康浩の奮闘日記
『子どもから学ぶ、相手をリスペクトする心』
ダノンネーションズカップ2011 in JAPAN 決勝大会より
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7314件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 「怒鳴るだけの指導者」はプレイヤーズファーストを肝に銘じよ(鈴木康浩)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ