1. サカイク
  2. 連載
  3. W杯出場パパに聞く!親子で楽しむ「2018年ロシアW杯」の観戦術
  4. 「ネガティブ思考で試合に入る」超万能型プレーヤーだった中西永輔がW杯で高パフォーマンスを発揮できたワケ

W杯出場パパに聞く!親子で楽しむ「2018年ロシアW杯」の観戦術

「ネガティブ思考で試合に入る」超万能型プレーヤーだった中西永輔がW杯で高パフォーマンスを発揮できたワケ

公開:2018年4月27日 更新:2018年5月 1日

キーワード:W杯W杯ロシア大会サッカースクール万能型中西永輔日本代表

■ジョホールバルの歓喜の前、嘘をついて岡田監督を大激怒させた

――そもそも中西さんは、W杯のアジア予選ではあまり出番がなく、本大会の直前にレギュラーの座を獲得しました。その過程にはそうとうな努力があったと思いますが。

僕はアジア最終予選の時に日本代表に呼んでもらったんですが、マレーシアのジョホールバルで行われたW杯の出場権をかけた試合には、実は肩を痛めていて参加できない状態でした。でも監督の岡田(武史)さんに、『大丈夫です』と嘘をついて連れていってもらったんです(笑)。

ですが、アップ中に腕が上がらなくて、岡田さんにばれてしまい、本気で怒られました。

 

nakanishi1_03.JPG
(嘘をついて岡田監督に怒られたこともあると教えてくれた中西さん)

 

当然ですよね。これ以上ない大事な試合だったので、監督としては一人でも多く選手を連れていきたかったはず。なのに僕は最初から何もできず、戦力にならなかったわけですから。

結果的にイランに勝って、W杯出場を決めることができた。その瞬間に立ち合えたのは本当に幸せなことで、ロッカールームで泣きながら大喜びしたのを覚えています。

でも、その瞬間は最高だったのですが、ふと我に返ると日本代表はW杯に行けるけど、僕が行けるかどうか分からない。そこで、もっとやらなきゃいけないと奮い立ったわけです。

 

――いちどは監督を激怒させながら、よくW杯メンバーに選ばれましたね。
岡田さんはもともと僕が所属していたジェフ市原のコーチで、2年間、一緒にやっていたんですね。そこで僕が努力していたのを見てくれていたから、評価してくれたんだと思います。

だから、僕は今も、スクールの子どもたちによく言うんですよ。『誰がどこで見ているか分からないよ』って。もしかしたら強いチームのスカウトが見ているかもしれないから、練習でも試合でも、常に100%の力を出し切ろうよと。

これは自分の子どもにも言うんですが、まだ1年生と2年生なので、よく分かってはいないとは思いますけど(笑)

----------------------------------------------

後編では、現在二人のお子さんがサッカーをしているという中西さんに、子育ての事、子どものサッカーとどのように関わっているか、ほかにも今年開催されるW杯ロシア大会をお子さんと一緒に楽しむ方法などをお伺いします。

<< 前回:「エリア内ハンドを見逃してもらった」小村徳男 | 連載一覧 >>

サッカースクールSKY
徹底したクラス分けで目指す先はJクラブ・地域の強豪チーム!
名波浩・田中誠がアドバイザーを務め、福西崇史、戸田和幸ら元日本代表、元Jリーガー、フィジカルコンディショニングのプロフェッショナルら最強のコーチ陣が個々のレベルに合わせて、サッカーの基礎から丁寧に指導するサッカースクール。2018年度からは徹底したクラス分けを行い、競い合ってさらに高いレベルを求めていただけるような指導を行います。高い技術をもちながらもピッチ外では規律を守れる人間性の向上を目指した選手育成を行っていく。

http://www.sky-soccer.net/lp/


サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス



前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:原山裕平、写真:新井賢一

関連記事

関連記事一覧へ

W杯出場パパに聞く!親子で楽しむ「2018年ロシアW杯」の観戦術コンテンツ一覧へ(6件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. W杯出場パパに聞く!親子で楽しむ「2018年ロシアW杯」の観戦術
  4. 「ネガティブ思考で試合に入る」超万能型プレーヤーだった中西永輔がW杯で高パフォーマンスを発揮できたワケ