1. サカイク
  2. 連載
  3. サッカーショップ大研究
  4. 革?ソール?スタッド?サッカースパイクの基礎知識

サッカーショップ大研究

2011年6月14日

革?ソール?スタッド?サッカースパイクの基礎知識

キーワード:サッカースパイク

<トレーニングシューズ>
ゴムの細かいスタッドが全面に配置されている。 通常のスニーカーなどに近い形状です。足への負担が小さく、硬いグラウンドでの練習や試合に適しています。発育・発達中の小学校低学年の選手には特におすすめです。

<インドアシューズ(室内用)>
体育館など室内専用シューズです。トレーニングシューズと似ていますが、ぬれた芝生やマンホールではすべってしまうので、室内練習用に使用しましょう。

■最後はスタッド(ポイント:靴底の凹凸)について

11-06-14_01.jpg

スタッドは、固定式や取り替え式などがありますが、ここでは固定式を紹介します。

<丸型(円柱)タイプ>

  • 前後、左右などあらゆる動きに対応
  • 耐久性があり、スタッドが減りにくい
  • グラウンドに刺さりにくく、グリップ力が劣る


<異形状(ブレード)タイプ>

  • しっかりとグラウンドを踏みこめ、安定性がある
  • 丸型よりも足への負担が少ない

※異形状タイプのスパイクは、グラウンドの種類によって、専用のスタッドがあります。 特に人工芝のピッチでは、注意が必要ですので、店員さんに相談し、人工芝専用スパイクなどを使用するようにしましょう。


*スパイク選びは、なかなか難しいものです。今回、紹介したコツや知識や一部ですので、スポーツショップなどで、しっかりと店員さんにお話を聞いて選びましょう!
 

サッカースパイクの選び方チェックリスト>>

前のページ 1  2  3
取材・文/kilohana 前田陽子、写真/サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

サッカーショップ大研究コンテンツ一覧へ(12件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. サッカーショップ大研究
  4. 革?ソール?スタッド?サッカースパイクの基礎知識