1. トップ
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【第3回】応援プロジェクト×子どものメンタル、親のメンタル- リラックスする呼吸法

震災復興応援プロジェクト

2011年4月19日

【第3回】応援プロジェクト×子どものメンタル、親のメンタル- リラックスする呼吸法

キーワード:メンタル応援プロジェクト

3月11日に起きた地震、津波は人々の心に大きな影響を与えました。わたしも多くの方から、震災など有事のときに、どのように心を保てばいいのかと尋ねられました。そこで今回はメンタルトレーニング・コンサルタントとして、心の持ち方について話をしたいと思います。

■呼吸に意識を集中させよう

強い緊張やストレス、プレッシャーを感じるときに効果的なのが、深呼吸をすることです。今回はリラックスし、ストレスを解消するための呼吸法をお教えしたいと思います。

11.4.19-1.jpg

<深呼吸の方法>
  1. 背筋を伸ばして姿勢を正し、目を閉じて顔を少し上げます。
  2. 息をゆっくりと細く長く「スー」と音を立てて、すべてを吐き出します。
  3. 鼻からゆっくり、大きく息を吸い込みます。
  4. 口から細く長く、息を吸う時の3倍の時間をかけて吐き出します。


深呼吸をするときは、胸を張って、上を向いて行います。お腹に手を当てて、お腹が出たり、引っ込んだりする動き(腹式呼吸)を感じてみてください。そして、呼吸に意識を集中させることがポイントです。

深呼吸をするときは、「体がゆでたパスタのように柔らかくなる」などの具体的なイメージを持つと、よりリラックスすることができます。 口からマイナスの気持ちを吐き出し、息を吸う時は、プラスのエネルギーを吸い込むイメージを持つとよいと思います。

下を向いていたり、体に力が入っていると胸郭が圧迫され、呼吸が浅くなり、プレッシャーを感じやすくなります。 また、マイナス思考もどんどん強くなっていきます。ですので、深呼吸をするときはもちろん、普段から背筋を伸ばすように意識しましょう。

気持ちが落ち着かなかったり、ネガティブな感情が沸き上がってきたときは、深呼吸をして一息つきましょう。

子どもだけでなく大人も、知らず知らずのうちに体に力が入っていることが多いもの。そんなときは深呼吸をして、リラックスを感じ取ってみてください。過度な緊張は心にストレスを与えます。肩の力を抜いて、日々の生活と向き合っていきましょう。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

震災復興応援プロジェクトコンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. トップ
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【第3回】応援プロジェクト×子どものメンタル、親のメンタル- リラックスする呼吸法