1. サカイク
  2. 連載
  3. 大西貴の親子でサッカーを楽しもう!
  4. W杯予選&ロンドン五輪予選の楽しみ方(1/2)

大西貴の親子でサッカーを楽しもう!

W杯予選&ロンドン五輪予選の楽しみ方(1/2)

2011年8月31日

キーワード:なでしこ五輪日本代表観戦術

000944.jpg
 
「ウチの息子が、娘が今度サッカーを始めました!......でも、サッカーってどんなところを見たらいいんでしょう?そして、どんなところが楽しいんでしょうか?」 ホントはそんな相談したいけど、いまさら人には言えない悩みをもっているお父さん、お母さんに応えるべく、第4回を迎えた「大西貴のサッカーを楽しもう!」
 
今回のテーマはいよいよ9月からW杯や五輪予選がはじまる「日本代表」についてです。サッカーをする子どもたち目線で必要な試合のみかた、親子での楽しみ方、さらに自らが選手として体験した「アウェイ」の怖さについても。もちろんいつもの、「サッカーお悩み相談室」もありますよ!
 

■「なぜ?」「どうして?」をイメージして、いろいろな立場になって試合を見よう!

――いよいよ9月からは日本代表のブラジルW杯、ロンドン五輪へ向けての最終決戦もスタートします! 大西さんは今の日本代表をどのように見ていますか?

「どのカテゴリーも、難しい戦いになると思います。まず五輪代表であれば、ここまでの親善試合では、結果は出ていますが、本番で相手が日本をリスペクトしてくる中で、どうなるかですよね。まず、先に失点しないことです。いい守備から、いい攻撃に入るイメージが大事になるでしょう」
 

――いい守備ができるからこそ、いい攻撃につながるわけですね。

「今回の五輪代表には、永井謙祐(名古屋グランパス)のような速くてボールを運べるFW、齋藤学(愛媛FC)のようなスペースに飛び出せるFWがいるわけです。けれど、彼らには厳しいマークが付くはずですから、彼らをいかすスペースを作るため、ボールを奪った瞬間に、縦にボールを入れることができるようにする必要があります。
 
そのためには、攻撃では大迫勇也(FW/鹿島アントラーズ)のような相手を寄せる係が必要ですし、いい守備もしないといけないんですよ」
 

――その中で私たちは、どのような部分を見ていったらいいんでしょうか?

「実際にスタジアムに行かれる方は、ボールがないときの、選手の動きをみたら面白いと思います。選手がどのように考えているかが、わかりますから」
 

――もう少しそこのところを、詳しく教えてください!

「攻撃に入ったときであれば、ボールをもらえるように、どの選手がどの位置にいるのか。守備であれば、どこでボールを奪いたいのか? そのために、どの選手がどの位置にいるのかとか? というように考えていくと、サッカーが面白くなってくるはずです。TVだと、広いところまでは、なかなか見えないので、攻撃に入ったときにFWとかの前線の選手がどんな風に動いてスペースを作っているかを見ればいいと思いますよ。
 
もちろん『がんばれニッポン』でいいんです。けれど、サッカーをしているのであれば『なぜ、そこに、その人がいるのか』、『どうして、そこで、ボールがもらえるのか』といったように、『なぜ?』『どうして?』ということを考えて、試合を見たら勉強になることが多いと思います」
 

■自分が監督になったつもりになろう。

――日本代表であれば長谷部誠(ヴォルフスブルグ/ドイツ)や遠藤保仁(ガンバ大阪)といった中盤の選手については、どんな見方をしたらいいのでしょうか?

「TVであれば、彼らがボールを受けるときに、首を動かすところが映ると思います。そのときに『どこ』を見ているのか。右を見てから左へ出すこと、とかもありますから、次に、どこへパスを出すかを見たら、面白いと思いますよ」
 

――じゃあ、自分があえて日本代表の対戦相手になってみて、内田篤人(シャルケ/ドイツ)との対戦を想像してみるのもありですね。

「そうなんです。サッカーはポジションの取り方や、パスのスピードやタイミング、チームとして、相手をいかにコントロールしているかがわかると、もっと楽しくなりますからね。日本代表のザッケローニ監督が、たまにシステムを変えることがありますよね? あれも、相手を見て、どの配置になればスペースが空くか、考えると納得がいくんです。
 
TVでは、両チームのフォーメーションを出してくれますから、自分が監督になったつもりで考えてみる。そうしてサッカーを見ていくと、こんな戦術があるとか、新たな発見が出てくるはずです」
 

――そのような様々なことを考えるためには、まずは「なでしこジャパン」の試合から、スピードに慣れることもいいかもしれませんね。

「そうかもしれません。あまりに速すぎると思ったら、そこから合わせるのもいいと思います。自分たちがそのポジションをとって、対戦相手のスペースを見ながら、どこを攻めたらいいのか。サッカーを見て、そんなことを考えられるようになったら、皆さんもサッカーの本質や、本当の面白さにたどりつけると思いますし、そんな見方ができる方が増えてくれば、日本のサッカーも変わってくると思います」
 
この記事の続きを読む>>
 
 
onishi4.jpg
 
大西貴(おおにし・たかし)//
1971年愛媛県生まれ。南宇和高では主将として1989年度の第68回全国高校サッカー大会制覇。福岡大を経て1994年に広島へ加入(マンチェスター・ユナイテッドへの短期留学も経験)。主にDFとしてJ1・21試合に出場。98年、四国リーグ所属(当時)だった愛媛へ里帰りし、愛媛FCでサッカースクールコーチを務め、2001~03年には選手兼監督・04年には監督としてJFLでも采配を振るった。その後、愛媛FCユース監督を経て、現在は愛媛県立松山北高コーチと、スカパー!愛媛中継解説者として活躍中。日本サッカー協会公認A級ライセンス保持
1
取材・文・写真/寺下友徳、写真/小川博久(全日本少年サッカー大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

大西貴の親子でサッカーを楽しもう!コンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 大西貴の親子でサッカーを楽しもう!
  4. W杯予選&ロンドン五輪予選の楽しみ方(1/2)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ