1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015
  4. 選手をサポートしすぎないで!バルサが実践するお父さんお母さんへの呼びかけ

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015

選手をサポートしすぎないで!バルサが実践するお父さんお母さんへの呼びかけ

2015年9月15日

夏の終わりに開催された、U12ジュニアサッカーワールドチャレンジ。この大会に参加したFCバルセロナのセルジ監督は、観客席に詰めかけた、日本のサッカー少年の親を見て驚いたそうです。
 
「今回、初めて日本に来ましたが、日本のサッカー少年の親が子どもたちにどのように接しているかを見て、カタルーニャの親との違いに驚きました」
 
スペインと日本のサッカー少年の親では、なにがちがうのでしょうか? FCバルセロナU-12のセルジ監督とオスカルコーチに話をうかがいました。(取材・文 鈴木智之 写真 鈴木蹴一)
 
DSC_0384_s.jpg
 
<<フィジカルじゃない!?バルサが重要視する12歳以下のサッカー選手に必要な要素とは
 

■選手を過保護にしすぎないでほしい

FCバルセロナのセルジ監督、オスカルコーチは口々に「選手の親とのつきあい方は、とても大切です」と言います。
 
「我々には子どもたちをサッカー選手として育てるだけでなく、人間として育てる役割もあります。学校の成績をチェックしたり、家族と話すことも重要です。我々が知り得ない情報を、家族と話すことで共有し、その選手が抱える問題と立ち向かうことができます。バルサの中には心理カウンセラーがいるので、彼らとも話をします。友達、家族、コーチ、みんなで選手の生活面も含めてケアしていきます」(オスカルコーチ)
 
ジュニアサッカーワールドチャレンジでも、2人の年配のスタッフが帯同していましたが、彼らは主に選手たちの精神面のケアを担当していました。落ち込んでいる子には声をかけて励まし、「バルサの選手である」というプレッシャーから守るように接していました。それはコーチ陣も同様で、クラブのテクニカルダイレクターからは、大会や試合の勝ち負けではなく、「どのように子どもたちを育てているか」を判断されると言います。
 
ピッチ内外でどのように子どもを成長させていくか。それはバルサに限らず、世界中の育成年代のコーチが考えていることでもあります。サッカーの練習に来るのは、一日のうちの数時間程度。それ以外の時間の多くが、家庭で親と一緒に過ごします。
 
「クラブでもよく話に出るのが、選手の親についてです。我々は選手の親に対して『選手をサポートしすぎないように。過保護になり過ぎないように』と言っています。さらには選手を獲得して、家族と面談をするときに、家族としてどういうふうに接してほしいかを伝えています。選手がグラウンドの中でおこなう振る舞いの多くが、家の中で起こっていることを反映しているケースです」
 
ごくまれに、選手の振る舞いや親のクラブに対する態度などに改善が見られなければ、クラブとしてその選手との契約を切ることもあるそうです。それだけ、親の与える影響は大きく、いいサッカー選手である前に、いい人間であるべきという考えが徹底されています。
 

■サッカーについては口出ししないで

では、保護者が子どものために、するべきことは何でしょうか? どのようなサポートの姿勢が望ましいのでしょうか? オスカルコーチは開口一番、こう言いました。「サッカーについての話は、子どもにしないこと」です。
 
「サッカー面については、親が口出しをしないようにとお願いをしています。なぜならば、親の多くは、チームの中で自分の子どもしか見ていないからです。サッカーについては、バルサのコーチが言っていることを尊重してほしい。そこで親が『いや、私はこう思う』と言って、コーチや子どもと衝突が起きるのは良いことではありません。そのため、サッカーについては口出しをしてもらわないようにしています」(オスカルコーチ)
 
サッカーのことはサッカーのプロであるコーチが教えるので、親にはそれ以外の『コーチができない部分のサポート』をしてほしいというのが、彼らの気持ちです。ピッチ内外でコーチと親が一体になって子どもを導いていく。それぞれの持ち場で、それぞれの役割を果たすことが、結果として子どもの成長につながるという考えなのです。
 
次ページ:タレントを見つけ、人間性を育てる
 

●おすすめ商品●

13歳までに学んでおきたいサッカーの原理原則

think2_img400x200.jpg

FCバルセロナのカンテラの指導経験もあるサッカーサービス社のコーチ陣が、サッカーに必要な「認知」「判断」「実行」を徹底解説。Jリーグの試合映像をもとに実際のプロ選手の動きから学ぶことで、自分の試合でも実践することができます。

知のサッカー第2巻>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2

U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015コンテンツ一覧へ(15件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2015
  4. 選手をサポートしすぎないで!バルサが実践するお父さんお母さんへの呼びかけ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ