1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集
  4. 人生はサッカーだけじゃない。社会に適応するバルサの人間教育

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集

人生はサッカーだけじゃない。社会に適応するバルサの人間教育

2013年10月 4日

キーワード:ジュニアサッカーワールドチャレンジスペインバルセロナ育成

「全員がプロのサッカー選手になるわけではありません。だから人間として何かが欠けることのないように人間教育にも力を入れているのです」
 
 それはそうです。よく聞くフレーズです。でもこの言葉の主が、FCバルセロナの下部組織(以下カンテラ)の総責任者を務めるギジェルモ・アモール氏の言葉だとしたらどうでしょう?
 
 メッシ、シャビにイニエスタ、ピケ、ブスケツ。2012年のレバンテ戦ではピッチ上の11人全員がカンテラ出身、今シーズンの登録選手のうち68%がカンテラからの生え抜きというとんでもない“育成強者”クラブの責任者が「サッカーでも、サッカー以外でも、バルセロナが大切にしているのは“バルセロナの選手としてふさわしい”行動をとること」と言い切るのです。
 
130827_0659_600.jpg
 

■12歳の選手たちが見せた“バルサらしさ”

 U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013に合わせて来日したFCバルセロナU-12は、そのプレーだけでなく、試合前の態度、ウォーミングアップ、優勝後の表彰式の振る舞いでも「バルサらしさ」を見せてくれました。
 
 試合前に声を出し、気持ちを高める。対戦相手全員に握手をして試合に入る。バルサの選手たちは、プレーだけでなく、その行動も成熟していました。
 
「バルセロナの下部組織では、どんな年齢でも“バルセロナの価値観”を学びます。すべての子どもがサッカー選手として活躍できるわけではありませんから、生活面、態度、もちろん勉強もおろそかにしてはいけません。何かひとつでも欠けることのないようにそれぞれの専門家が指導に当たっているのです」
 
DSC03497_600.jpg
 
 アモール氏はグアルディオラ元監督、元スペイン代表の右SBフェレール氏らとバルセロナのカンテラでしのぎを削り、ドリームチームと呼ばれた最強チームの中盤を支えたバルサのレジェンド。誰よりもカンテラや自身が育ったバルセロナの選手寮“ラ・マシア”を誇りにしている人物でもあります。
 
 今回、約10,000kmも離れた遠い国、日本へやってきたバルサの選手たち。東京の観光地にも足を運んだようですが、そういった行動のなかでも彼らには“バルサの選手として振る舞うこと”が当たり前のように求められます。選手の誰かが道端に落ちていたゴミを素通りすれば、「あのゴミは自分で捨てたものではないかもしれないけれど、見て見ぬ振りすることがバルサの選手として相応しいか?」とコーチが問いかけたそうです。こういったプロセスがピッチに立ったとときの振る舞いにもあらわれるのだというのです。
 
130830_2643_600.jpg
 

■人生は長く、サッカーだけではない

「サッカー選手になれる、なれないだけではありません。サッカー選手になれたとしても人生は長く、その後のキャリアもあります。社会に適応していく術を学ばなければいけません。それはカンテラから育ったいまのトップの選手たちを見てもらえば、わかっていただけると思いますよ」
 
 アモール氏は世界最高峰のサッカー選手の集団であるバルセロナが、カンテラで育つ子どもたちにとって、サッカーだけでなく、人間的なお手本であると強調します。
 
 では世界中から選りすぐられてくるバルセロナのカンテラでプレーする選手たちは、人間性の適性まで見抜かれて入団してくるのでしょうか? アモール氏の答えはこうでした。
 
130827_0230_600.jpg
 
「正直に言えば、精神的にまだ固まっていない年代の子どもたちは、人間性にものすごく問題を抱えているというケースはほとんどありません。その部分はバルサの一員になってからというところですね。プロ選手として活躍するには“闘争心”や“向上心”も非常に大切なことです。ただ大人しい選手がいいわけではないですからね」
 
 バルセロナに入るような選手たちは、その地域ではナンバーワンの飛び抜けた実力を持つプレーヤーたち。鼻っ柱の強い、いわゆる“ガキ大将”のような子どもたちばかりです。そういった選手たちは、どうやってバルセロナの哲学、バルセロナらしさを身に付けていくのでしょう。
 
 次回はアモール氏の言葉と、今回の大会期間中に見られたその一端をいくつかご紹介しましょう。
 
▼後編の記事はこちら
12歳のプロ集団。子どもたちが"バルセロナらしくある"理由
 
 
DSC03505_300.jpg
ギジェルモ・アモール・マルティネス//
元スペイン代表のMF。FCバルセロナの下部組織で育ち、トップチームのUEFAチャンピオンズリーグ初優勝、リーガ・エスパニョーラの4連覇に貢献。公式戦421試合に出場し、チーム歴代4位の記録を持つバルサのレジェンド。現在は、下部組織のテクニカル・ダイレクターとしてチームの育成を支える。
 

■FCバルセロナの元コーチが教える「サッカー選手が13歳までに覚えておくこと」

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修した選手が見て学べるU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、攻守の個人戦術からグループ戦術まで、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。将来、プロや海外で活躍することを目指す選手必見の教材。
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。詳しくはこちら>>
 
think-soccer-vol2img2.png
 

 
【U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集】
 
<<試合映像>>
 
<<大会コラム>>
 
<<大会レポート>>
【表彰セレモニー】歓喜に沸くFCバルセロナ。日本中が注目した4日間
【大会結果レポート最終日】6試合30得点1失点でバルサが優勝!
 
 
■大会公式ホームページ
1
取材・文/大塚一樹、写真/新井賢一

関連記事

関連記事一覧へ

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集コンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集
  4. 人生はサッカーだけじゃない。社会に適応するバルサの人間教育

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ