1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. 相手をつかんでまで止める、競り合いで負けると「死ね」と暴言を吐く子、どう指導すればいい?

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]

相手をつかんでまで止める、競り合いで負けると「死ね」と暴言を吐く子、どう指導すればいい?

公開:2020年11月13日 更新:2020年11月27日

キーワード:つかんででも止めるアヤックス抜かれる負けず嫌い負けん気が強い

■育成の名門アヤックスが行う激しさと冷静さを使い分けるトレーニング

ikegami_column89_02.jpg
(写真は少年サッカーのイメージです。ご相談者様、ご相談内容とは関係ありません)

 

最後に、オランダのアヤックスという育成に定評のある強豪クラブの話をします。

アヤックスの育成年代のトレーニングビデオを観たことがあります。そのなかに16~17歳くらいの選手たちが、4対4のゴール前のシュート練習を狭いエリアでやっている場面が出てきます。

驚くことに、その練習はファウルOKというルールでした。ファウルといっても、相手を傷つけるようなものではないのですが、ユニホームや腕を引っ張ったり、身体を押さえることが許されています。4人対4人で攻め始めると、どんどんゴールに向かいます。守っている方は、ゴールはさせじとぶつかっていきます。とにかく過激です。

思えば、反則スレスレの激しいプレーはプロの世界では当たり前。トップの選手でもそういうことがあります。ファウルされて倒されても、すぐに立ち上がってボールを追いかけて得点する。そんなシーンはいくつもあります。

ということは、反則されても、一瞬たりとも感情的にならず自分を見失わずにプレーを続けなくてはいけません。そういうタフネスを養う練習なのでしょう。16~17歳といえば、オランダはもちろん欧州ではプロ契約を始めるような年齢ですから、選手は臆することなくプレーしていました。

とはいえ、そこではユニホームを引っ張っても、メニューが変わって違う練習になるとやりません。冷静に使い分けができていました。

日本の子どもたちにも、そうなってもらいたいと思います。

 

ikegami_profile.jpg

池上 正(いけがみ・ただし)
「NPO法人I.K.O市原アカデミー」代表。
大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼児や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。
12年より16年シーズンまで、京都サンガF.C.で育成・普及部部長などを歴任。京都府内でも出前授業「つながり隊」を行い10万人を指導。ベストセラー『サッカーで子どもがぐんぐん伸びる11の魔法』(小学館)、『サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典』(監修/カンゼン)、『伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法』など多くの著書がある。

下級生との練習は上の子たちにメリットがないのでは。という上級者の親たちに年齢ミックスの良さを分かってもらうには?

前のページ 1  2

コーチからの質問に池上正さんがお答えします(チームの指導の悩み、例:年代がバラバラなチームの練習メニューなど)※記事になります

※質問の文言を記事にさせていただくことがあります。その際はプライバシーには配慮します。

あなたが指導している【チーム】の年代を教えてください必須

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
イベントの最新日程もLINEでチェック!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]コンテンツ一覧へ(99件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. 相手をつかんでまで止める、競り合いで負けると「死ね」と暴言を吐く子、どう指導すればいい?