1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. 引っ込み思案で活気がないチーム。子どもたちに自分で考えてチャレンジさせる指導はある?

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]

引っ込み思案で活気がないチーム。子どもたちに自分で考えてチャレンジさせる指導はある?

公開:2019年8月 9日 更新:2019年8月19日

キーワード:ギャングエイジコミニュケーション能力引っ込み思案池上正消極的考える力自信がない自己肯定感

■それでも声が出ない時は...

ikegami_column59_01.jpg
(写真はイメージです。ご相談者様、ご相談内容とは関係ありません)

一方で、いろいろやってもいまひとつ反応がないときはどうしましょう。

そんなときも、大人は怒らないこと。逆に、ふざけて冗談を言ってきたとしても、それを受け止めること。

「それは関係ない話だからやめて」などとやりこめないでください。ちゃんと受け止めながら「う~ん。違うことも考えてみて。言ってみて」とリクエストします。

子どもたちは、学校やスポーツの現場で、なかなかリターンマッチをさせてもらえません。おかしなことを言っても、みんなと意見が違っても大丈夫。何を言っても大丈夫だという雰囲気をぜひつくってください。

もうひとつ、私からのアドバイスは、どうしても声が出ないときのやりかたです。それまでは「誰か、意見はあるかな?」だったのを「じゃあ、全員言うよ、全員に聞くよ」と切り替えます。

みんなのチームだからね。全員意見を言うのがフェアでしょ、という考え方です。

そうすると、考え始めます。

活気のあるチームは、それぞれがいつもチャレンジしています。挑ませるためには、「どうしてこんなことしないの?」「やってみたら?」と常に問いかけ続けることが重要です。

ikegami_profile.jpg

池上 正(いけがみ・ただし)
「NPO法人I.K.O市原アカデミー」代表。
大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼児や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。
12年より16年シーズンまで、京都サンガF.C.で育成・普及部部長などを歴任。京都府内でも出前授業「つながり隊」を行い10万人を指導。ベストセラー『サッカーで子どもがぐんぐん伸びる11の魔法』(小学館)、『サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典』(監修/カンゼン)、『伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法』など多くの著書がある。

前のページ 1  2

コーチからの質問に池上正さんがお答えします(チームの指導の悩み、例:年代がバラバラなチームの練習メニューなど)※記事になります

※質問の文言を記事にさせていただくことがあります。その際はプライバシーには配慮します。

あなたが指導している【チーム】の年代を教えてください必須

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]コンテンツ一覧へ(71件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. 引っ込み思案で活気がないチーム。子どもたちに自分で考えてチャレンジさせる指導はある?