1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. ドリブルでひとりでゴールしてしまう小2の子、アシスタントコーチができる声がけは?

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]

ドリブルでひとりでゴールしてしまう小2の子、アシスタントコーチができる声がけは?

公開:2019年4月19日 更新:2019年5月24日

キーワード:コーチングチームスポーツドリブルパス周りを見る池上正顔を上げてドリブル

■コーチ自身がこれから指導力を上げるために

ikegami_column52_02.JPG
今できている個人技を否定するのではなく「もっといいプレーができる」ためのアドバイスを。(写真はイメージです。ご相談者様、ご相談内容とは関係ありません)

ご相談文の中にに「その子にもどんどん技術を上げてほしいので、パス出せ! とは言えません」とありました。

もしメインコーチが「ドリブルなど個人技術を伸ばしたい。もっとドリブルをやれ」と言ったとしても、ドリブルが上手な子に「もっと顔を上げて味方を探してごらんよ」とアドバイスしてもいいでしょう。

ドリブルをしながら、顔を上げれば、チャンスメイクできます。ドリブルを否定するのではなくて、もっといいプレーができる。それがすなわち「サッカーの原理原則」ですね。そういったことを練習の中で伝え、実践できるよう導いてください。

自分から何でも尋ねて話せばいいのに、目上の人に意見を言わない。
新人にありがちなことです。

そうしてしまうと、自分の指導力はいつまでも変わりません。自分自身で勉強する必要は絶対にありますが、仲間たちとそれを共有しなくては子どもたちのためになりません。まずはコーチ同士でコミュニケーションをとる。そこを心がけてください。

ikegami_profile.jpg

池上 正(いけがみ・ただし)
「NPO法人I.K.O市原アカデミー」代表。
大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼児や小学生を指導。2002年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。幼稚園、小学校などを巡回指導する「サッカーおとどけ隊」隊長として、千葉市・市原市を中心に年間190か所で延べ40万人の子どもたちを指導した。
12年より16年シーズンまで、京都サンガF.C.で育成・普及部部長などを歴任。京都府内でも出前授業「つながり隊」を行い10万人を指導。ベストセラー『サッカーで子どもがぐんぐん伸びる11の魔法』(小学館)、『サッカーで子どもの力をひきだす池上さんのことば辞典』(監修/カンゼン)、『伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法』など多くの著書がある。

前のページ 1  2

sakaiku_line.jpg

サカイクオススメ記事やイベントをお届けするLINEアカウント!

サカイクがお届けするイベント情報やサッカーを通した子育てに関するオススメ記事をLINEでの配信をご希望の方は、どうぞご登録をお願いいたします。
※LINEアプリをインストール後、スマートフォンから下記をクリックして「お友達追加」をお願いします。


友だち追加


コーチからの質問に池上正さんがお答えします(チームの指導の悩み、例:年代がバラバラなチームの練習メニューなど)※記事になります

※質問の文言を記事にさせていただくことがあります。その際はプライバシーには配慮します。

あなたが指導している【チーム】の年代を教えてください必須

最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
文:島沢優子

関連記事

関連記事一覧へ

あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]コンテンツ一覧へ(75件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
  4. ドリブルでひとりでゴールしてしまう小2の子、アシスタントコーチができる声がけは?