1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. プロカメラマンに聞く!サッカー撮影の極意

身近な話題

プロカメラマンに聞く!サッカー撮影の極意

2011年10月24日

キーワード:写真

決定的なサッカーシーンを撮影したい!そんな願いを叶えるべく、プロのカメラマンに撮影術について聞いてみました。プロのカメラマンでも、サッカーの写真を撮ることは、難しいのだそうですよ。

<<この記事を最初から読む

11-08-26-01.jpg 11-08-26-02.jpg

■とにかくたくさん撮ること

サッカー中の撮影で一番大変なのは、子どもにピントを合わせることでしょう。「今だ!」とシャッターを押したつもりなのに、ボールが足にミートしている、などの決定的瞬間はもちろん、子どももブレていることが多いのではないでしょうか? プロのカメラマンでも"動きの早いサッカーでピントを合わせるのは至難の技"なのだそう。

でも、カメラマンはそんなサッカーでも、決定的瞬間を捉えています。その秘訣はずばり、 『とにかくたくさん撮ること』。

1日撮影をするなら8Gくらいのメモリーを用意して、カメラの容量を多くします。そしてとにかくたくさんシャッターを切る。そうすることで、かっこいい写真が数枚は撮れるのでは、とのこと。ボールをジャストミートしているシーンなどなら、連写モードがおすすめ。シャッタースピードが上がるので、決定的瞬間を撮影できる確立がUPします。

■子どもの動きを予測する

野球ならピッチャーはマウンドで投げバッターは打ったら1塁に走る、バレーボールならコートの中でボールを受ける、トスを上げる、アタックすると、一連の動きに法則がありますが、サッカーにはそういった法則がありません。

今ボールを持っている子が、どこにパスを出すのか、その時周りはどう動くのか。たくさん子どもたちの試合を見て、動きを予測できるようになると写真も構えやすくなります。 被写体にピントを合わせ半押し状態で、ボールを待つのもひとつの方法です。が、被写体も動きまわるので、なかなか難しい点もあります。

1  2  3
取材・文/kilohana 前田陽子 写真/小川博久(第35回全日本少年サッカー大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

身近な話題コンテンツ一覧へ(17件)

コメント

  1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. プロカメラマンに聞く!サッカー撮影の極意

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ