1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 「日本から欧州トップレベルの選手を」日本にいながらドイツを世界一にした育成方式で学べるスクールが描く展望

サッカー豆知識

「日本から欧州トップレベルの選手を」日本にいながらドイツを世界一にした育成方式で学べるスクールが描く展望

2017年6月19日

キーワード:CLセレクションドイツ欧州湘南ベルマーレ育成

快晴の5月下旬、日独フットボール・アカデミーのセレクションがShonan BMW スタジアム平塚(平塚競技場)で行われました。
 
この日に集まったのは小学3年生から6年生までのサッカー少年たち。「ドイツ式の指導で選手を成長させ、ヨーロッパでプレーする選手を輩出する」ことをテーマに掲げる日独フットボール・アカデミーでは、どのようなセレクションで選手を見極めるのでしょうか?(取材・文 鈴木智之)
 
jgfa1_01.jpg
(セレクション終了後に挨拶するオッツェ校長、右はシュタルフ悠紀コーチ)
 

才能は良い指導者によって引き上げられる

日独フットボール・アカデミーの校長を務めるのは、フランク・オルデネヴィッツ氏。オールドファンにはおなじみの名前かもしれません。ジェフ市原(当時)のストライカーとして、1994年のJリーグ得点王に輝いた人物です。
 
オルデネヴィッツ氏は自身の育成哲学について、次のように語ります。
 
「私の考えとしては、U12年代で必要なのはまず技術。この年代で戦術面で問い詰めたり、要求することは必要ありません。ヨーロッパのトップレベルでプレーする選手になるためには、まずは選手自身が才能を持っていること。その上で良い指導者に出会い、指導によって引き上げられていくのです」
 
この日のセレクションでは、5つのパートに分かれて審査が行われていました。ドイツサッカー協会が定める技術テストを通じて、選手のレベルを見極めていきます。
 
このテストは、グラウンドを5つのエリアに分け、ドリブル、パス、ヘディング、センタリング、シュート(ペナルティキック)を行い、プレーの様子をコーチがチェックするというものです。各ステーションは60点満点、合計300点が最高得点となります。
 
ドイツサッカー協会が定める、サッカー検定の内容は次の通りです。
 
1:ドリブル
方法:14m×14mのグリッドを作り、ドリブルをして3本のポールの間をすり抜け、角にある板に向けてボールを蹴る。跳ね返ったボールをコントロールし、前方にある2本のポールの間を抜け、角を回ってドリブルし、横に2本並んでいるポールの間をドリブルで通過し、スタート地点に戻ってくる。
1-17秒/18-21秒/22-25秒/26-29秒/30-33秒/34-37秒/37秒と、早い順に点数が高くなる。
 
2:キック
方法:横10mのライン上に立ち、4m先にあるボードをめがけてキックする。ボードに当たる跳ね返りを受けて、制限時間内に何回キックが成功するかをカウントする。
 
3:ヘディング
ゴールにテープをかけて、右上と左下のみ、ボールが通れるようにする。選手はゴールから4m離れたところへ立ち、ゴールポストの横に立つコーチから下手投げで投げられたボールをヘディングでゴールの右上か左下をめがけてシュートする。4回シュートを打ち、合計点をカウントする。
 
4:キック
20m先にある、6m×6mのグリッドをめがけてキックをする。グラウンダーではなく、浮き球でグリッドに入れることを目的とし、4回蹴って合計点をカウントする。
 
5:ペナルティキック(シュート)
ゴールにテープをかけ、6つのエリアに区切る。左右の上が20点、左右の下が10点、中央上が6点、中央下が2点とし、PKスポットから3回蹴り、成功した点数の合計をカウントする。
 
以上の5つが、ドイツサッカー協会が定めるサッカー検定の内容です。すべてのテストについて、コーチの主観ではなく、明確な基準が定められていました。こうすることで、コーチ個々による選手の評価にブレが少なくなります。
 
次ページ:U-12年代で大切なこととは

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文:鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 「日本から欧州トップレベルの選手を」日本にいながらドイツを世界一にした育成方式で学べるスクールが描く展望

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ