1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 知ってるとサッカー観戦がもっと楽しくなる!保護者のためのサッカー用語解説(1/2)

サッカー豆知識

知ってるとサッカー観戦がもっと楽しくなる!保護者のためのサッカー用語解説(1/2)

2011年9月 1日

キーワード:日本代表

DSC_7641.JPG

 
いよいよ、9月2日にブラジルW杯アジア3次予選がスタートします。そこで今回は『知ってそうで知らないサッカー用語』について、解説したいと思います。ここに挙げた単語を会話の中に織り込むと、「サッカー通(ツウ)」に見られることうけあいです。さらに、親子でサッカーを見る際のポイントチェックにもどうぞ!
 

■海外組

Jリーグではなく、ヨーロッパを中心とした海外のクラブに所属する選手のこと。ちなみに、Jリーグでプレーする選手は「国内組」と呼ばれることもあります。W杯アジア3次予選に招集されたメンバー23人のうち、海外組は11人。国別では、ドイツでプレーする選手がもっとも多く、6人と過半数を占めています。
 
<ブラジルW杯アジア3次予選 北朝鮮戦(9月2日・埼玉)、ウズベキスタン戦(6日・タシケント)に招集された海外組>
 
槙野智章(ケルン)、内田篤人(シャルケ)、長谷部誠(ボルフスブルク)、細貝萌(アウクスブルク)、岡崎慎司(シュツットガルト)、香川真司(ドルトムント)以上、ドイツ・ブンデスリーガ所属。川島永嗣(リールス/ベルギー)、伊野波雅彦(ハイドゥク・スプリト/クロアチア)、吉田麻也(VVVフェンロ/オランダ)、阿部勇樹(レスター/イングランド)、本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)。
 
今回のメンバー以外にも、乾貴士(ボーフム)、大津祐樹(ボルシアMG)、宇佐美貴史(バイエルン)以上ドイツ、宮市亮(アーセナル/イングランド)など、楽しみな選手はたくさんいます。
 

■ボランチ&アンカー

ボランチは、ポルトガル語で「ハンドル」や「舵」を意味する言葉です。中盤(ミッドフィルダー)の中央やや下がり目に位置し、長短のパスでチームを操ることから、そう呼ばれるようになりました。日本代表が採用する4-2-3-1で「2」の部分がボランチです。日本を代表するボランチといえば、遠藤保仁選手(ガンバ大阪)です。正確なパスと巧みなポジショニングで、攻守に渡って貢献します。ザッケローニ監督も全幅の信頼を寄せており、チームにとって代えのきかない選手といえるでしょう。
 
アンカーは船の錨(いかり)を意味する言葉で、中盤の底に位置し、攻守のバランスをとる選手のことを言います。主に4-3-3のフォーメーションで、中盤が逆三角形型になる際、三角形の頂点でプレーする選手を指します。日本代表のアンカーの主な役割は、相手の攻撃のキーマンを抑えること、中盤のスペースを埋めること、攻守にバランスをとることなど、守備をベースとしたプレーを要求されます。日本代表のアンカーといえば、阿部勇樹選手。南アフリカW杯では、鋭い出足で何度もボールを奪い、ピンチを未然に防ぎました。アンカーがクローズアップされるようになったのも、阿部選手の活躍によるところが大きいでしょう。
 

■バイタルエリア

バイタルエリアには「重大な場所」という意味があります。具体的には、ペナルティエリア付近で、センターバックとボランチの間にできるスペースを指します。得点につながるプレーが多く生まれることから、その呼び名がつきました。日本代表の攻撃の中心・香川真司選手はバイタルエリアを使う名人です。相手チームのボランチとセンターバックの間で素早くボールを受け、ドリブルを仕掛けてパスやシュートを繰り出します。香川選手がバイタルエリアでボールを受けると、チャンスが生まれる可能性大。ぜひとも注目して見てみてください。
1
文/鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(241件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 知ってるとサッカー観戦がもっと楽しくなる!保護者のためのサッカー用語解説(1/2)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
    2017年11月17日
  6. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. 長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
    2017年11月15日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. サッカーの練習だけだと、小学生年代でしか通用しない選手に? 子どもの頃に1つのスポーツに専門特化する危険性
    2017年11月20日

一覧へ