1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【第2回】ゴールに鍵をかける国 イタリアの守備に対する考え方とは?-「育成年代における守備」

サッカー豆知識

【第2回】ゴールに鍵をかける国 イタリアの守備に対する考え方とは?-「育成年代における守備」

2010年12月26日

キーワード:イタリアディフェンス守備海外サッカー

なぜ、イタリアの守備は強いのか? その疑問に答えてくれるのが、ペルージャやミランのスクールでの指導経験を持つ、フィジカルコーチの井田征次郎氏です。2回目の今回は『イタリア人の育成年代における守備の考え方』について、話を聞きました。

■イタリア人の育成年代における守備の考え方

写真/Enrico Calderoni/AFLO SPORT
000216.jpg80年代から90年代に活躍したフランコ・バレージ(写真中央/背番号6の選手)のように、イタリアからは守備のスペシャリストが多く誕生します。また、組織立った守備を持ち味とするチームも少なくありません。イタリア人選手の多くが、育成年代の内から守備を叩き込まれているのでしょうか? 井田氏に尋ねると、こう答えてくれました。

「イタリア人は守備を重視しますが、育成年代で守備を徹底的に教え込むかというと、決してそうではありません。イタリアの場合、年齢によって人数やグラウンドの広さが変わるんですね。6~8歳は5人制、9歳は6人制です。10歳は7人制、11歳は9人制。そして12歳でようやく11人制のサッカーが始まります。5人制や6人制の場合、人数が少ないので、より『個人対個人』の局面が多くなります。そこでは『1対1で負けないこと』が重要視されます」(井田氏)

1対1の局面=個人と個人のぶつかり合いです。イタリア人の『負けず嫌い』には第1回でも触れましたが、井田さんは何度もその姿を目の当たりにしたそうです。

「選手たちには練習の時から『1対1のときは激しく行こう』と伝えます。というか、伝えなくても彼らは十分激しいんです(笑)。イタリア人が生まれ持ったメンタリティなのか、彼らは負けず嫌いなので、ときにはボールの奪い合いで相手をつかんだり、投げ合いになることもあります。もちろんそれはファウルなのですが、練習中は『やめろ』と注意する場面は少ないですね。それよりも、『だまって簡単に抜かれるな』という意識の方が強いんです。それは選手たちもわかっているので、少しつかんだぐらいではケンカになりません。私が見ていた、ミランの育成部の選手たちはかなり激しくやり合っていましたね」(同氏)

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【第2回】ゴールに鍵をかける国 イタリアの守備に対する考え方とは?-「育成年代における守備」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ