1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.2】

インタビュー

森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.2】

公開:2011年7月19日 更新:2011年8月31日

そのとき、ゴリさんが『ここまで来てなんでふて腐れるって何だよ!』と喝を入れたことがあって。その光景を見たときに、チームワークの大事さというか、雰囲気が良くなければ、それが全体に影響してしまうんだということを、あらためて思い知らされたような気がします」

――森脇選手が試合に出られない時期に心がけていたことは?

「できるだけチームの雰囲気が良くなるように、そして試合に出る選手がモチベーションを高く持って試合に臨めるようにということは考えていました。アジア杯でも、試合前に(出場する選手に)どんな言葉をかけたらいいか、『こういう言葉はかけないほうがいいかな?』とか、けっこう考えましたね。

でも、やはりサッカー選手である以上は(試合に出られないことは)悔しい。でも、その悔しさをみんながいる前で出すのではなく、次の日の練習でぶつけるものだと考えていました」

――チームを盛り上げると、ひとことで言っても、気を使う部分は多いんですね。

「確かに(アジア杯のときは)難しかったですね。でも、今ちゃん(今野泰幸・FC東京)をはじめいろいろな選手が、『試合前にお前の声を聞くとテンションが上がるよ』といってくれたときは、やっぱりすごく嬉しかったです。選手である以上はやっぱり試合に出て、プレーで目立ちたいし、貢献したいという気持ちはもちろん大きいですけど」

■「落ち込むことはあると思う。でも、そこで『俺はダメだ』ではなく、そこから上っていくんだという強い気持ちを持ってほしい」

――ジュニア世代の子どもたちには、これからサッカーをどのように楽しんでほしいと思いますか?

「やっぱり自分自身が一番楽しめなければ、見ている人にもサッカーの楽しさは伝わらないし、楽しまなければ結果もついてこないと思う。だからこそ、プロになった今も......。いや、プロになったからこそ、サッカーを楽しむ気持ちは失いたくないと考えています。ジュニア世代の選手たちにも、サッカーを楽しむということは決して忘れてほしくないですね」

――若い選手たちは、これから多くの壁や挫折も経験すると思います。

「サッカー選手に限らず、誰しもが挫折を経験し、そして落ち込むことはあると思います。でも、そこで『俺はダメだ』と思うのではなく、そこから上っていくんだという強い気持ちを持ってほしい。落ち込んだときこそ、強い気持ち。『リバウンドメンタリティー』で、乗り越えてほしいなと思います。僕自身はもう、そればかりでしたから。落ち込んでいるときも『絶対に負けない』って頑張れたんです!!」

前のページ 1  2  3  4
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

インタビューコンテンツ一覧へ(229件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.2】