1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.2】

インタビュー

2011年7月19日

森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.2】

日本代表でも、サンフレッチェ広島でも、明るく元気にチームを盛り上げている森脇良太選手。今や、チームのムードメーカーとしても欠かせない存在になっています。そんな森脇選手に、チームや仲間を大事にしていく心の秘密を伺いました。

11-07-19-01.jpg

■「自分はうまくなるんだという強い信念を持って、必ずチャンスが来る、神様も味方してくれると思いながら練習に励んでいました」

――サンフレッチェ広島ユース時代には、チームメイトが代表に呼ばれたりすると悔しい思いをすることもあったのですか?

「それはもう、かなり悔しかったですよ。もちろん、チームメイトが代表に選ばれることは嬉しいことではあるのですが、反面、自分もいつかは代表に選ばれるんだという気持ちが、心にありました。代表に行く選手たちを見送るときは笑顔でしたけど"引きつった笑顔"。でも、(自分が)選ばれていないのが現実だし、自分の技術や技量、レベルもわかっていたので、とにかく練習するしかないと切り替えていました。

高校1年生のときはAチームでは出られず、2年生になってやっと出場できるようになった感じなのですね。試合に出られないという経験は、ユースに来て始めて味わったので、正直、精神的にきつかったですし、ショックな面もあったけれど、そこで投げやりになっても仕方ないと思いました。

素晴らしい環境でサッカーをさせてもらっている上に、両親にもお金を出してもらっているのだからもったいない。とにかく自分はうまくなるんだという強い信念を持って、必ずチャンスが来る、神様も味方してくれると思いながら練習に励んでいました」

――親元を離れての生活で、ホームシックにはならなかったんですか?

「家を離れる前日は寂しさでいっぱいだったんですが、いざ入寮したら、毎日が遠征のような感じで楽しかったですね。ホームシックにはかかりましたけど......(笑)。年に2回帰省するときは、本当に楽しみで仕方ありませんでした」

1  2  3  4

インタビューコンテンツ一覧へ(161件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 森脇良太選手(サンフレッチェ広島)インタビュー【File.2】