1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 浦和レッズ・宇賀神友弥選手インタビュー【File.1】

インタビュー

2011年7月14日

浦和レッズ・宇賀神友弥選手インタビュー【File.1】

でも、今振り返ると、流通経済大学時代の厳しいトレーニングを乗り越えられたのは、この少年団時代の厳しい練習や環境を経験していたことがあったから、耐えることができたんだと思います」

■レッズジュニアユースへの加入は「宝くじに当たるようなもの」!?

――その頃にはすでに将来はサッカー選手になりたいという夢はありましたか?

「そこまで強い意志があったわけではなかったと思いますが、レッズのジュニアユースに入れることになったので、幼い頃はそのままプロになれるものだと漠然に考えていた部分はあったかもしれません」

――レッズのジュニアユースへの加入の経緯を教えてください

「実力試しというわけではないのですが、うちの少年団では、6年生になると、レッズのセレクションを受けることが、毎年恒例となっていたんです。だから、自然の流れで自分も受けていました。

僕のときは、確か700人程度が受けて、20人が合格。セレクションではうまい選手ばかりで、正直、手応を感じられませんでした。しかも、僕は選抜に入った経験もなかったですからね。だから本当に『受かるといいな』というくらいの気持ちだったんです。

セレクションの前は、母親からもずっと『(合格するのは)宝くじに当たるようなもんだよ』といわれていました(笑)。だから受かったときの母親の興奮度はすごかったですね。『夢だったんです!!』というような感じで、盛り上がって喜んでくれました(笑)。

ジュニアユースに入るまでは、(宇賀神選手が住んでいた)戸田市の中では、自分はうまい方だなと思っていましたが、初めて、練習をしたときには、自分以外の選手のうまさに、『ちょっと次元が違うな。大丈夫かな!?』と衝撃を受けたのを覚えています」

――その頃の目標はどこにありましたか?

「まだプロになりたいという強い意志があったわけではなかったですね。ただ、同じ学年で普段から仲の良かった堤(俊輔/栃木SC)は、常に1つ上の世代のチームで試合をしていました。身近な選手が上のカテゴリーでプレーする姿を見ているうちに、自然と"自分も上でプレーしたい"という気持ちが強くなっていきましたね」

■「ほぼ毎日、照明が落ちるまでボール回ししていました」

前のページ 1  2  3  4

インタビューコンテンツ一覧へ(177件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 浦和レッズ・宇賀神友弥選手インタビュー【File.1】