1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『小学生でたくさんのポジションを経験することは、サッカー人生に必ず活かすことができると思う』-【File.2】西川周作選手(サンフレッチェ広島)

インタビュー

2011年6月 6日

『小学生でたくさんのポジションを経験することは、サッカー人生に必ず活かすことができると思う』-【File.2】西川周作選手(サンフレッチェ広島)

キーワード:サンフレッチェ日本代表GK

――挫折や壁にぶつかったときはありますか?

「僕が本格的にサッカーに取り組むようになって初めて『挫折』と感じたのは、実はプロ入り後にケガをしたときなんです。そのときは、小さな目標を立てるということで乗り越えられたと思います。挫折したり、壁に当たったときは、どうしても下を向きがちになってしまいますが、そういう時こそ上を向くことが必要だと思いますし、親御さんも『小さな目標を立てて頑張ってみなさいよ』と、温かい目で見守ってあげることが大事なのかなと思います

――進路やサッカーのことで、印象に残っているご家族の言葉などはありますか?

『自分の好きなことをしなさい』といってくれて、必要以上の干渉はしませんでしたが『自分自身の責任で行いなさい』と、よくっていたのを思い出します。自分が少年団に入りたいといった時も反対はなかったですし、休日には試合会場までの送り迎えを積極的にしてくれました。高校生になって大分トリニータユース入りし、最初の頃は宇佐から大分まで通っていたのですが、そのときも、(仕事で)半休を取って練習場まで送ってくれたり、本当にさまざまな面で助けてもらいました。」

――最後に、これからGKでプロ選手を目指す子どもたちもたくさんいます。西川選手からアドバイスをお願いします!

「小学生の頃は1つのポジションだけでなく、たくさんのポジションを経験することができれば、その後のサッカー人生に必ず活かすことができると思います。走ることももちろん大事ですが、たくさんボールに触って、しっかりとしたキック、トラップができればいい選手になれると思います。『止めて蹴る』という基礎のところをしっかりと身につけて、練習を頑張ってください!

■西川選手にQ&A

Q 小さい頃のあだなは?
A シュウサク!

Q 幼い頃に好きだった選手は?
A カズ(三浦知良)選手(横浜FC)です

Q 幼い頃のライバルは?
A (ライバルを)考える余裕がないくらい必死でした(笑)

Q ジンクスは?
A ピッチに入るときは左足から入ります

前のページ 1  2  3  4

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(167件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 『小学生でたくさんのポジションを経験することは、サッカー人生に必ず活かすことができると思う』-【File.2】西川周作選手(サンフレッチェ広島)