1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 小さくてもやれる!小6で136cmだった大久保嘉人

サッカーを観て学ぶ

小さくてもやれる!小6で136cmだった大久保嘉人

公開:2014年11月17日 更新:2020年3月24日

キーワード:川崎フロンターレ

■体が小さいなりの体の使い方と工夫

――サッカーを始めたころは、自分の持ち味や武器はどのように理解していましたか?
 
小学生のときは足が速く、ドリブルを得意としていたので、よくドリブルで抜けてミドルシュートを決めていました。それが自信になっていたし、その積み重ねだったんじゃないのかなと思います。得意としていたドリブルは、いつも「取れるものなら取ってみろ」という気持ちでプレーしていましたし、実際にボールを奪われない自信もありました。ただ、身長はチームの中でも一番低かったので、大きな相手になると少しきつかったですね。6年生で136センチぐらいでしたから。中学に上がるまでは、それをハンデと感じたこともありました。そのハンデをハンデだと思わせないよう、スピードで相手をぶち抜いていました。競り合いになると、体格で劣る自分はかなわないから、とにかく突破しよう、と。
 
――中学になってそのハンデは関係ないと思えるようになったのは、なぜでしょうか?
 
小学生のころは、どんなに工夫して突っ込んでも、いつも吹っ飛ばされていましたし、当時は体の大きな人がすごいという感じで。でも、中学に上がると、体が小さいなりの身体の使い方や工夫をするようになり、それからはうまくプレーできていたように思います。とにかく体は小さかったけれど、「小さくてもやれるんだ!」というところを見せたかった。体格差で負けていても、たとえばヘディングでも「こいつに勝てば褒められるんじゃないか」と思いながらプレーしていたような気がします。
 
 
大久保嘉人の壁を越える方法「得意なものをひとつ伸ばせ」>>
 
■大久保嘉人選手の過去記事はこちら
川崎F・大久保嘉人「ドリブルに磨きをかけた少年時代」
川崎F・大久保嘉人「国見で培われた妥協しない精神力」
 
 
大久保嘉人(おおくぼ・よしと)
1982年6月9日生。福岡県出身。長崎県の国見高校では3年生の2000年度、インターハイ・国体・全国高校サッカー選手権で3冠を達成。2001年、セレッソ大阪が多くのJクラブの中から獲得。2004年アテネオリンピックに出場し2得点を記録。同年11月にはスペインのRCDマジョルカへ期限付き移籍となった。以降はセレッソ大阪、ヴィッセル神戸、VfLヴォルフスブルグ、ヴィッセル神戸へと移籍し、2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会に出場。2013年に川崎フロンターレへ完全移籍。昨季はJ1で26得点を挙げ得点王に、2014FIFAワールドカップブラジル大会出場
 

Jリーグの試合映像でサッカーを学ぼう!
FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、13歳までに身に付けておくべきサッカーの戦術を、Jリーグの試合映像を使って徹底解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が見て学べる映像トレーニング。
think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png
選手向け「知のサッカー第2巻」の詳細はこちら>>
 
『Footi』清水英斗と北健一郎 アジアカップレポートを動画で配信中!
http://footi.jp/movie/list/1?ct_id=21
前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文/石井宏美

関連記事

関連記事一覧へ

サッカーを観て学ぶコンテンツ一覧へ(34件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカーを観て学ぶ
  4. 小さくてもやれる!小6で136cmだった大久保嘉人