1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 「こんな日程、気候で連続して試合をするなんて馬鹿げている」U-17セルビア代表監督の強い疑問

健康と食育

2015年7月21日

「こんな日程、気候で連続して試合をするなんて馬鹿げている」U-17セルビア代表監督の強い疑問

■熱中症は、子どもの自己管理のみで防げるものではない

トミッチ監督は「すべての選手の安全のために」試合続行を敢然と拒否。そのまま試合は不成立となってしまいましたが、指揮官の決断自体は理解できるところです。来年の大会に向けて、「夏場の45分ハーフは本当に妥当なのか?」「3連戦ではなく休養日を設けられないのか?」「ナイトゲームにできないのか?」といった点が前向きに検討されることを望みたいと思います。
 
また今回の件は、この時期の試合で必然的に伴う「熱中症のリスク」をあらためて認識させるものだったように思います。これは高校生年代で起きたことですが、もちろんジュニア年代でも起こり得ること。熱中症は場合によっては命の危険すらあります。これから夏休みで大会ラッシュ、試合ラッシュとなりますが、指導者の方々、大会運営に携わる方々があらためてこのリスクについて考える必要があるという注意を喚起する事件になりました。
 
必要であれば大会レギュレーションを柔軟に見直すこと、そして熱中症になってしまった場合は適切な応急処置をとれる知識・体制を持っておくことが大切になるように考えますし、それをやるのは大人の責任でもあるのではないでしょうか。こどもたちは大人が決めたルールの下でやるしかないわけですから、彼らを守るのは周りの大人の役目と言えます。
 
そして選手の皆さんも、熱中症についての知識を身に付けておき、自分自身や仲間の異状を感じられるようになっておいてもらえればと思います。
 

【熱中症対策関連のサカイク記事はこちら!!】
元ベイスターズトレーナー直伝!家庭でできる簡単疲労チェック法 夏バテ予防や疲労回復の処方箋!"眠たくなるサイクル"の作り方 今週末から実践できる!試合後は身体を冷やして疲労を軽減しよう 「私生活の過ごし方がパフォーマンスを左右する」は正しい!
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2

健康と食育コンテンツ一覧へ(205件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 「こんな日程、気候で連続して試合をするなんて馬鹿げている」U-17セルビア代表監督の強い疑問