1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 2020年東京オリンピックのエース候補が語る、カラダづくりの3つの習慣とは?

健康と食育

2020年東京オリンピックのエース候補が語る、カラダづくりの3つの習慣とは?

2015年6月29日

キーワード:トレーニング全日本少年サッカー大会名古屋グランパス

高校3年生ながらプロとしてトップチームに所属。次世代のエースとしての活躍に期待が高まる杉森選手。より高みを目指すために日々取り組んでいることとは?試合で活躍するためのヒントが見つかるかもしれません。
 
Vmashi_15summer.jpg
 
[PROFILE]
杉森考起(Koki Sugimori)
1997年4月5日生まれ。171cm、58kg、FW。2009年の全日本少年サッカー大会では17得点を記録し得点王を獲得、チームの優勝にも貢献する。名古屋グランパスの下部組織で育ち、クラブ史上最年少でプロ契約、昨年のブラジルW杯ではトレーニングパートナーとして日本代表チームに帯同するなど、今後の活躍が期待されている。
 
midashi01.jpg
 
兄の影響でサッカーを始め、両親に往復2時間の送り迎えをしてもらいながら名古屋グランパスの下部組織に通っていました。充実した練習環境もあり、とにかくサッカーが楽しかったです。練習後は、いつも車の中で母のお弁当を食べて栄養補給。バランスを考え、ご飯やおかずだけでなく、スープまで用意してくれていました。思い出の味ですね。母のおかげで、試合や練習で疲れていてもしっかり食べる習慣が身につき感謝しています
 
midashi02.jpg
 
小学校高学年くらいから食事・栄養面を意識し始めるようになりました。最後まで残さず食べること、苦手なものでも少しは食べること、この2つは母から繰り返し言われていました。苦手なものもありましたが、サッカーで強くなりたいとの思いから、一生懸命食べる努力をしました。今は「絶対に食べられない」というものはないですね。
 
midashi03.jpg
 
03oillio.jpg
 
僕はもともと身体が大きくないので、当たり負けしない身体を作れるよう、食事もトレーニングの一環だと捉え、バランス良くしっかり食べることを意識しています。チームの先輩の様子や、昨年のブラジルW杯への帯同経験からも感じたのは、トップの選手たちはきちんと食べている、ということです。僕も食事のおかげで、ここ1年で体重も増え、今では練習で闘莉王選手にも臆することなく、ぶっ飛ばすくらいの気持ちでガツガツと当たれるようになりました(笑)
 
vision.jpg
 
midashi05.jpg
 
全日本少年サッカー大会で優勝し、得点王になれた原動力はチームの雰囲気が良かったことが第一です。
 
U12oillio_02.jpgU12oillio_03.jpg
(C)N.G.E
 
チームがひとつになり、みんなで同じ目標に向かってやるからこそ、苦しい練習も乗り越えられるのではないでしょうか。
 
midashi06.jpg
 
ブラジルW杯帯同時に香川真司選手と一緒に練習することがあったのですが、常に前を向いて仕掛ける姿勢がとても印象的でした。その姿勢を見習って、自分の武器でもあるスピードを磨いて行くつもりです。
 
midashi07.jpg
 
05oillio.jpg
 
オリンピックやW杯も視野にあります。そのため、まずはクラブでコンスタントに試合に出て勝利に貢献すること、これを今の目標に頑張っていきたいと思います。
 
杉森選手のVメシと公認スポーツ栄養士の橋本玲子先生による自宅でできるひつまぶしの作り方>>
 
★今話題のココナッツオイルなど日清オイリオのヘルシーオイル詰め合わせが10名様に当たる!
Vメシに関するアンケートはコチラ>>
 
全日本少年サッカー大会に臨む選手のみなさんへ杉森選手からメッセージ!
 
 
★ジュニアアスリートの食卓を応援!★
 

 
ヘルシーリセッタrisetta.jpg
 
どんな試合でも、最後まで戦えるカラダづくりを!日清オイリオは「ヘルシーリセッタ」でアスリートを応援します
 
“植物のチカラ®”で、カラダにいいこと。
 
oillio_logo_250.jpg
 
日清オイリオは、アスリートと日本の食卓を応援します!
937A9201_300.jpgCIMG0009_2_300.jpg
(左)全日本少年サッカー大会のサポート (右)ジュニアサッカースクール
1
写真提供/名古屋グランパスエイト

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(164件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 2020年東京オリンピックのエース候補が語る、カラダづくりの3つの習慣とは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ