1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 猛暑に負けない! 夏野菜をふんだんに使ったカレーやパスタで疲れを癒して栄養補給

健康と食育

猛暑に負けない! 夏野菜をふんだんに使ったカレーやパスタで疲れを癒して栄養補給

2013年7月11日

キーワード:栄養食事

HT011034_600.jpg
 
練習のせいか暑さのせいか、いつもより食が進んでいない、冷たいお菓子ばかりでちゃんとした食事ができない、など夏に疲れがたまりやすい原因の一つは食事です。食べやすい麺類、甘い飲み物などに多く含まれるのは糖質。この糖質は体力回復に役立つ大事なエネルギー源ですが、それをサポートする栄養が不足していると、疲れたり、動きが鈍ったりしがち。その栄養を上手にとるための料理のヒントをまとめました。
 
 

■基本はバランスよく、偏らない食事を心がけて

練習や暑さで、特に疲れやすくなる夏のシーズン。夏の暑さで体力が奪われ、また冷たい飲み物をとりすぎて胃腸の機能が低下するなど、疲れにはさまざまな原因があります。そこでなるべく食べやすい料理を……と工夫している保護者の皆さんも多いのでは? ただし「これならとりあえず食べてくれるから」と麺類だけの食事や、冷たい料理ばかり続けるのは考えもの。その食事も疲れを助長しているかもしれません。
 
子どもの疲れを癒やし、体の成長を助けてくれるのは、やはりバランスのいい食事。3食すべてをバランスよくとるのは難しくても、1日の食事を総合して、トータルに必要な栄養素やカロリーなどを考えてみては?
 
 

■体力を回復させ、ストレスに強くなるビタミン類

練習後の栄養補給とは違い、それから2、3時間たってゆっくりと食べる夕食は、糖質やたんぱく質、その他の栄養素をバランスよくとって、体の回復を助けることが大事。糖質を含むのはご飯やパン、麺類など、たんぱく質なら肉や魚、大豆製品などが代表的な食品。その中でも糖質は体や頭の活動に使うエネルギーのもとになる物質で、体力の回復に役立ってくれます。ただしそれを体内で利用できるエネルギーに変えるためには、サポート役となるビタミン類がカギなのです。
 
例えばビタミンB1は、糖質を効率的にエネルギーに変える働きをサポートしてくれます。またビタミンCは体の抵抗力を高め、ストレスから守ってくれるほか、体を丈夫にするために働くたんぱく質を作るときに欠かせません。ビタミンB1を多く含むのは、豚肉、豆類、そして旬の夏野菜など。ビタミンCもトマトをはじめとする野菜に多く含まれています。糖質とたんぱく質に、野菜や大豆製品などビタミンを多く含む食品をプラスして、夏の疲れに負けない体をつくる食事でお子さんを応援しましょう。
 

stockfoto_31742825_S.jpg

1  2
文/山辺孝能 写真/田川秀之(JA全農杯チビリンピック2013全国決勝大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(164件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 猛暑に負けない! 夏野菜をふんだんに使ったカレーやパスタで疲れを癒して栄養補給

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ