1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 勝つために! 疲れを早く回復させるレシピ!

健康と食育

勝つために! 疲れを早く回復させるレシピ!

2012年3月 7日

キーワード:レシピ栄養食事

「練習の成果を勝利につなげたい!」
練習での疲れを翌日にもち越さないことが、勝利の秘訣。
夕食には疲れを癒す力があります。体調に合わせて夕食をとりましょう。
 
疲れを翌日にもち越さないためのポイント
●運動後2~3時間以内を目安になるべく早めに食事をとる
●炭水化物と筋肉の修復に欠かせないたんぱく質をしっかりとる
●不足しがちな野菜、果物、キノコ、海藻、イモも積極的にとる
●家族で楽しみながら食事をする
●効率よい体づくりを目指して、就寝の2~3時間前までに食べる
 

■たとえば、こんな『疲れを早く回復させる』レシピ!

oillio2_03.jpg
<<ヘルシーリセッタでポークカツレツ(カレー風味)>>
 
【材料と作り方(2人分)】
①:豚ヒレ肉(160g)を叩いてのばし、カレー粉(大さじ1)、塩・こしょう(各少々)をまぶす。
②:①に小麦粉、溶き卵、みじん切りにしたパセリを混ぜたパン粉の順に衣をつけ、170℃に熱したヘルシーリセッタできつね色に揚げる。
③:ジャガイモ(1個)は拍子切りにして水にさらし、水気をしっかりふきとって160℃に熱したヘルシーリセッタでじっくり揚げる。仕上げに強火にしてとり出し、塩・こしょう(各少々)をふる。
④:皿に②、③、せん切りしたキャベツ(1枚)、くし切りにしたトマト(1/2個)、サラダ菜(2枚)、レモン(適宜)、日清マヨドレ(大さじ2弱)を盛り合わせる。
 
献立例:ごはん、豆腐とささみのサラダ、野菜たっぷりの具だくさん汁、フルーツ(グレープフルーツ等)
 
 
★ジュニアアスリートの食卓を応援!★
 

1201206.jpgのサムネイル画像1201204.jpg
“植物のチカラ(R)”がたっぷりつまった健康オイルで
頑張るアスリートのカラダを応援!
 
“植物のチカラ(R)”で、カラダにいいこと。
〒104-8285
東京都中央区新川一丁目23番1号
お客様相談窓口:03-3555-6812
 
1201207.jpgのサムネイル画像
 
―キミの夢が、いつか日本の夢になる―
日清オイリオは全日本少年サッカー大会を応援しています。
 
1201201.jpg1201205.jpg
 
日清オイリオは決勝大会会場にて、食生活に関する情報提供を行うブース出展や、選手食堂への商品提供等で、選手の体づくりをサポートしています。
1

関連記事

関連記事一覧へ

健康と食育コンテンツ一覧へ(164件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 健康と食育
  4. 勝つために! 疲れを早く回復させるレシピ!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ