1. トップ
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 0.3秒速くなった!走る姿勢を意識するだけでスピードアップするタニラダーのレッスン(1)

運動能力

2018年3月12日

0.3秒速くなった!走る姿勢を意識するだけでスピードアップするタニラダーのレッスン(1)

キーワード:スピードタニラダートレーニングラダートレーニング谷真一郎走力足が速くなる黒崎優香

走るスピード、プレーのスピードを上げたい。
サッカーをする人であれば、誰でも思うことではないでしょうか。高校時代は藤枝順心でプレーし、3年時にはキャプテンとして全国優勝を経験。年代別日本代表にも選出され、現在はアメリカのケンタッキー大学でプレーする、黒崎優香選手もそのひとりです。

2017年年末、黒崎選手はスピードアップのため、谷真一郎コーチのもとを訪れました。『タニラダー』でおなじみの谷コーチは直線距離のスピードアップ、素早いステップワーク、ターンの仕方などを指導するプロフェッショナルです。果たして、2時間のトレーニングで黒崎選手のスピードはどのように変わったのでしょうか?2回に渡ってレポートします。(取材・文:鈴木智之)

tanipt-img01.JPG
(ケンタッキー大学でプレーする黒崎優香選手)

■アメリカの選手に負けないスピードを身に付けたい

谷さんは初対面となる黒崎選手と笑顔で挨拶を交わすと、現状と課題についてヒアリングをしていきます。

黒崎選手は「私はボランチでプレーしているのですが、アメリカで試合をするとスピードの差をすごく感じます。相手にスピードでかわされることも多いので、改善したいです」とトレーニングの目的を告げます。

その話を聞いた谷さんはうなずくと「まずは動きを見て、何を変えればいいかを共有し、トレーニングで改善していきましょう」と提案。ウォーミングアップを経て、いまのスピードがどのぐらいなのかを知るために、20メートル走のタイムを計ります。

tanipt-img02.JPG

すると、3.72秒のタイムが出ました。これがトレーニング前の数値です。黒崎選手の走る姿を見た谷さんは、スピードアップに向けて次のようなアドバイスを送ります。

「人間は70~80%の力で走るときが、もっともスムーズに速く動くことができます。言い換えると、速く走ろうとして体に力が入ると遅くなるんですね。それと女子選手に多いのが、腕を斜めに振って、肘を伸ばして走ること。このフォームだと、体幹部が回旋する分、遅くなります

さらに「これが一番大事なポイントなので、意識してみてください」と言って、デモンストレーションに入ります。それが「肩、ひざ、拇指球が一直線になるように接地すること」です。

tanipt-img03.JPG

■速くなるための正しい姿勢を作る方法

「ひざが曲がっていたり、肩が前に出たり、後ろに下がりすぎたりすると、姿勢が前傾/後傾になってスピードが出ません。前傾姿勢が強くなると、視野も狭くなります。ひざが曲がりすぎるとクッションの働きをし、地面からの勢いを吸収してしまってスピードが落ちます。地面から得た力をスピードにつなげるためにも、肩、ひざ、拇指球が同じラインになるように接地することが大切です」

その話を聞いた黒崎選手は「初めて聞きました。すごく参考になります」と話し、タニラダーを使って、スピードアップに適した姿勢、走りのフォームを身につけるためにトレーニングをしていきます。

次ページ:姿勢を意識するだけでスピード改善(動画あり)


<告知>
3/23まで春キャンペーン10%OFF!
解説DVD付きタニラダーアドバンスドセット>>
tani_banner600x200.jpg

1  2
文・写真:鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(98件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 0.3秒速くなった!走る姿勢を意識するだけでスピードアップするタニラダーのレッスン(1)