1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 運動神経を高める② ダイナミックなプレーにつながるトレーニング

運動能力

運動神経を高める② ダイナミックなプレーにつながるトレーニング

2013年10月17日

キーワード:キック運動神経

前編では、身体を「速く、大きく」動かすための基礎となるトレーニングを紹介して頂きました。今回は相手をかわすときに有効な、速く、大きく動くためのサイドステップと、キックに必要な足の振りのトレーニングを教えてもらいます。
 
 
<<運動神経を高める① 身体を大きく・速く動かす基礎トレーニング
 
 

■身体が成長するにつれて大きなパワーとスピードを生み出すために

メッシやC・ロナウドのように、身体全体を使ってダイナミックかつスピーディに動くためのポイント。それが体幹部の使い方です。ステップを踏む時も、足だけではなく、身体全体の軸を移動させることで、大きな動きになります。
 
<①軸移動サイドステップ>
目印として、ペットボトルを肩幅よりやや外に置き、交互に左右にジャンプしてペットボトルを越えます。ポイントは体の幅よりも外に、『足だけ』を出すのではなく、体の中心(軸)を動かして、左右にステップを踏むこと。体ごと、左右に大きく動くことを意識しましょう。
回数の目安:10~20回*2セット
 
4-1_200.jpg4-2_200.jpg4-3_200.jpg
 
ヨーロッパのトップレベルでプレーする選手は、しなやかな脚の振りを使って強烈なシュートを生み出します。なぜ彼らはミドルシュートを始めとする、強烈なキックを蹴ることができるのでしょうか? それは「脚の振り方」に関係があります。みぞおちからつま先までを脚として使っているので、より大きなパワーをボールに伝えることができるのです。
 
<②脚振りキックモーション>
ひざを軽く曲げた状態で股関節を回すイメージで、足を前後に振ります。ポイントは脚を後方にも大きく振ること。そして、上体を起こし(胸を張った状態。前かがみにはならない)、みぞおちから足のつま先までを一本の脚としてイメージすること。何回か動作を繰り返し、脚をスムーズに振ることができるようになったら、軸脚のかかとからつま先まで、脚の振りに合わせて、地面につく場所が変わるように動かすことを意識しましょう。(振り脚が後方にある時はかかと、前方にある時はつま先が地面についた状態で脚を振る)。
回数の目安:20回
 
5-1_150.jpg5-2_150.jpg5-3_150.jpg5-4_150.jpg
 
①軸移動サイドステップ、②足振りキックモーションともに、体を「大きく、速く」動かすことを意識しましょう。子どもの頃に「大きく、速く」動かすクセをつけておくと、身体が成長するに従ってより大きなパワー、スピードを生み出すことができるようになります。「サッカーの場合、どうしても「小さく(細かく)、速い」動きになりがちですが、ダイナミックな動きこそが、結果として速く動くことにつながるのです」(里コーチ)。
 
「大きく、速い」動きを身につけて、ダイナミックなプレーができる選手になろう! 里コーチ、ありがとうございました!
 
 
<プロフィール>
里大輔(さと・だいすけ)
常葉大学陸上競技部監督/浜松開誠館中・高等学校 サッカー部フィジカルコーチ/静岡聖光学院中・高等学校 ラグビー部 ランニングコーチ。現役時代は陸上競技(100メートル)の選手として、ジュニアオリンピック優勝、全日本中学生大会優勝など、輝かしい成績を残す。独自のトレーニング理論に定評があり、ジュニアからプロまで、競技を問わず様々な選手を指導している。
1
取材・文・写真/鈴木智之

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 運動神経を高める② ダイナミックなプレーにつながるトレーニング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ