1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 帽子を2つ用意する? 子どものサッカーチームのコーチを引き受けたなら心掛けたい7ヶ条

親子でチャレンジ

帽子を2つ用意する? 子どものサッカーチームのコーチを引き受けたなら心掛けたい7ヶ条

公開:2016年6月 1日

 

■子どもにとって楽しい記憶になるように工夫しよう

親がコーチをしているチームでスポーツをすることは、子どもにとって忘れられない思い出になると言われています。後で振り返って楽しい記憶になるか、それとも嫌な思い出になるか。ちょっとした工夫とマイ・ルール、わが家のルールで家族がスポーツの楽しみを共有できる貴重な時間になるのではないでしょうか。
 
親が子どものチームのコーチをする期間は限られています。子どもたちは成長して、いつかは別のチームに所属し、別のコーチの下でスポーツをするようになります。時期がくれば、そのチームのコーチに指導を任せ、自身の子どものコーチという立場を手放すことも必要になります。
 
 

 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 スポーツライター・谷口輝世子

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(188件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 帽子を2つ用意する? 子どものサッカーチームのコーチを引き受けたなら心掛けたい7ヶ条