1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 子どもが21歳になったときどんな人でいてほしい? サッカーで身につく3つの社会的スキルとは

親子でチャレンジ

子どもが21歳になったときどんな人でいてほしい? サッカーで身につく3つの社会的スキルとは

公開:2016年4月 7日

キーワード:スポーツスポーツペアレンティングチームワークフェアプレー時間管理目標設定

 

■学ばせようと躍起になっていやな思いをさせていませんか?

21歳になったときに、どういう成人に育っていてほしいかという設定しているのは、近視眼的な目標ではなく、長い時間軸で子どものスポーツ活動をとらえるためです。
 
あなたにも、スポーツ活動を通じて学んでほしい重要なことはあると思います。しかし、スポーツ活動を通じて子どもに何かを学ばせようと躍起になって、子どもにいやな思いをさせることは逆効果です。
 
スポーツ活動を通じて経験できるという利益を最大限にするために、もっとも大切なことは子どもがスポーツを楽しんでいる状態であることだと言われています。プレーする楽しさを感じることによって、子どもたちは継続することができるので、スポーツ活動から得られる、生きていくうえで大切なこともより得ることができる、とスポーツ心理学者は指摘しています。
 
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文 谷口輝世子

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(189件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 子どもが21歳になったときどんな人でいてほしい? サッカーで身につく3つの社会的スキルとは