1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お父さんレフェリー必見!あなたの笛には子どもを変える力がある

親子でチャレンジ

お父さんレフェリー必見!あなたの笛には子どもを変える力がある

2014年9月 3日

ブラジルワールドカップの開幕戦で笛を吹いた日本人レフェリーの西村雄一さん。彼らのようなプロフェッショナルレフェリーが笛を吹く代表戦やJリーグの試合と違い、少年サッカーの現場では、チームのコーチや所属する選手のお父さんがレフェリー(審判)をします。お父さんに限らず、お母さんが笛を吹くことも珍しくありません。サカイク読者のなかにも、子どもの試合で笛を吹いた経験のある人は少なくないはず。その時、あなたはどのようなレフェリングを行いましたか? もしかすると、あなたの吹いた笛が子どものプレーを変えるきっかけになるかもしれません。

 

U-12_0831_02504.JPG
取材・文/石井紘人(@FBRJ_JP

 

ファウルだろ! その一言が子どもに逃げ道をつくる>>

■レフェリーとしてのプライドを持とう

故意に相手を引っ張ったり、押さえつけたりする反則をホールディングと言います。このホールディングをした子どもの将来も考えなければいけません。
 
日本サッカー協会(JFA)審判部委員長である上川徹さんはDVD『レフェリング』内のインタビューで、その点を指摘します。
 
「ファウルをしてしまって、それが見逃されたとします。その時は、そのファウルがチームに利益をもたらすかもしれませんが、それを一回覚えてしまうと、人間、楽な方を選んでしまいます。抜かれてもホールディングで止めればいいと。ただ、そういったファウルは選手の上達を遅らせてしまう」
 
ホールディングという行為を選択した選手には、「それはファウルだ」と教えなければいけません。試合の流れの中で、JFAプロフェショナルレフェリーである家本政明さんのように「いまのはファウルになるよ」と声掛けするのもよいかもしれません。
 
育成年代の審判員は、選手たちの悪癖を直すという大きな使命を背負っていると思います。
 
しかし、そういったプライドを感じない審判員も中にはいます。
 
センターサークル付近をうろうろするだけで、まったく走ろうとしない人も見かけます。キーパーチャージをとったり、オフサイドポジションに選手がいるだけでオフサイドをとるなど、過去のルールで判定する人もいます。また、コミュニケーションをとろうとする選手に、高圧的な物言いをする人も見かけます。それは選手に対するリスペクトを欠いた行為です。
 
上川さんも「試合時間ギリギリにきて、アップもせずに笛を吹く。そうではなく、アップもして、ピッチに大きな石があればどかす。そういったことをするのが大事なのではないでしょうか」と指摘していました。
 
1  2

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. お父さんレフェリー必見!あなたの笛には子どもを変える力がある

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ