1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 親子で楽しむ夏休み!外で遊ぼう

親子でチャレンジ

親子で楽しむ夏休み!外で遊ぼう

2011年8月 5日

みなさん、夏休みを楽しんでいますか?これから、帰省したり、旅行に出かけたりと、家族みんなで過ごす時間も多くなるはず。そこで、サカイクでは、家族で楽しめる"簡単な遊び"を、日本レクリエーション協会・植田尚史さんに教えていただきました。サッカーの練習にもなっちゃいますよ! 

■子どもの体力について

 以前に比べて低下傾向にあった体力が少し上昇しつつあるとはいえ、お父さん、お母さんが子どもの頃に比べると、身長など体格面は良くなりながらも、その一方で、体力面においてはダウンしたままという状況が続いている現在。子どもの体力、「走る、跳ぶ、投げる」などの基礎的な運動能力も低下し、この状態のまま成長しても今の大人たちと同等の体力まで達することができないのではないか、といわれています。

そこで平成14年9月に、国は中央教育審議会を開き、翌平成15年から様々な取り組みをスタートさせました。今年で8年目を迎え、各スポーツ団体によってさまざまな取り組みが行われています。また、日本レクリエーション協会でも、文部科学省とともにいろいろなプログラム開発や保護者向けの啓発事業を行い、お父さん・お母さんたち正しい状況をご理解いただいています。

■子ども時代の"経験"が、将来に影響する!?

これは様々なスポーツ体験に共通していえることなのですが、専門的にスポーツを始める年齢が低年齢化し、特定の種目を幼稚園や保育園の頃からスタートするという傾向が強くなっています。

しかし、実は、あまり好ましい状況とはいえないのです。なぜか、というと、そのスポーツだけは得意でも、他の運動ができないという現象が多く見られているからです。また、幼少期はとくに身体が大きく成長する時期であり、骨もしっかりしていない状態で、身体の特定の部位を使った反復動作を行うことは、決して良いことだとはいえないのです。

神経系の発達が著しい時期でもある成長期には、いろいろな動作を取り入れることは、とても重要となります。

小学生や中学生の頃は、さまざまな能力を獲得しやすい年代でもあり、同じことを繰り返してばかりいるのでは"もったいない"。また、運動をともなう遊びが減少しているため、転んだときにとっさに手をつけずに頭や顔を打ったり、飛んできたボールをよけられず顔にケガをしたりと、思わぬアクシデントにつながることもあるんですよ。

1  2  3

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(180件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 親子で楽しむ夏休み!外で遊ぼう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ