1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】オランダ流 「スペースの使い方」を学ぼう

親子でチャレンジ

【前編】オランダ流 「スペースの使い方」を学ぼう

2011年1月22日

キーワード:オランダゲームトレーニングパス練習

ヨハン・クライフを始め、数々のスーパースターを輩出するサッカー大国・オランダ。オランダの指導メソッドは世界中で手本にされていて、なかでもユース年代の指導は世界トップレベルにあります。今回は、オランダのフェイエノールト等で指導経験のあるフィジカルコーチ/メディカルトレーナーの土屋潤二氏に、ユース年代で行われている練習法を教えてもらいました。キーワードは『スペースの使い方』です。オランダ式練習法で、サッカーのセオリーを身につけてください。

■ローテーションするサッカー


オランダのスタイル。それは美しく勝つこと。そのこだわりの根底にあるのが『ボールポゼッション(チームでボールをキープすること)』です。ボールを保持し続け、相手に攻められることなく、ゲームの主導権を握る。それが基本的な考え方です。オランダサッカーの代名詞でもある『トータルフットボール』は、ポジションがめまぐるしく変わるように見えることから『ローテーションフットボール』とも呼ばれています。その特徴的な動きのひとつに、敵と駆け引きをしながら次々にスペースに入り、パスコースを作り出すことが挙げられます。そして、相手ゴールへとボールを運んでいくのです。ここで紹介する練習を通じて、オランダが世界に誇るスタイルを感じ取ってみてください。

■チャレンジ01 やってみよう!横長コートで4対4

練習開始時の形
0004591.gif

練習方法

縦15~20m、横30~40mのグリッドの中に各チーム4人ずつ入り、横長のゴールライン両端にある左右2つのゴールの内の1つを目指し、得点を狙います。グリッドの広さは、縦横の比率を守った上で選手のレベルに応じて調節してください。

サイドチェンジ後の攻め方の例
0004592.gif

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】オランダ流 「スペースの使い方」を学ぼう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  2. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ