1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】10分あればすぐできる! サッカーに必要な"センス"を身につける

親子でチャレンジ

2010年12月22日

【後編】10分あればすぐできる! サッカーに必要な"センス"を身につける

キーワード:イングランドトレーニングドリブルフェイント練習

000468.jpgサッカーの本場、スコットランドで選手、コーチとしての経験を持つ「トータルフットボール」のリー・マンソンさん。リーさんに、イングランドやスコットランドの子どもたちが楽しんでいる親子の遊びについて聞いてみました。サッカー選手に必要なセンスを、自然と身につけられるメニューの後編です。

■チャレンジ03 マネマネドリブルゲーム

0004682.gif

これは幼い子ども向けのメニューです。前を行く人と後ろからついていく人を決め、後ろからついていく人はひたすら前の人の動きや進む方角をマネするという遊び。例えば親が前で、右斜め前にドリブルをしたら後ろの子はそれをマネして右斜め前にドリブル。次に親が急にボールを止めて真横に方向転換したら、子もその動きをマネしていくというものです。前の人は後ろの人がマネしづらいよう、意外な動きを取り入れることで、後ろからついて来る人は、守備の反応する能力を身につけられたり、マネをすることで前の人のフェイントの動きを覚えていくといった様々な効果があります。楽しく遊ぶ感覚で行うのがコツです。

Point!
後ろの人がマネしづらい動きを考えてみましょう。これはイコール、敵をあざむくフェイントにつながります。後ろの人は前の人をマネすることで、人の動きに対応するという行為を自然と身につけていくことができます

■チャレンジ04 ひざ立ちヘディングゲーム

0004683.gif

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(182件)

コメント

  1. トップ
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【後編】10分あればすぐできる! サッカーに必要な"センス"を身につける