1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

親子でチャレンジ

【前編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

2010年12月 6日

キーワード:イタリアドリブルフェイントフットサルブラジル

0004791.jpg茨城県水戸市や千葉県浦安市など、日本各地でスクールを展開する「マルバ・フットボールクラブ」。代表を務める浅野智久氏はブラジルやイタリアでのプロ経験を持ち、現イタリア代表監督プランデッリ氏の指導を受けたこともある異色の指導者です。マルバの理念は「個を育てること」。なかでもこだわりを持つのが、1対1のトレーニングです。3人の子どもを持つパパでもある浅野氏に「親子でできる1対1」の練習メニューを教えてもらいました。

■チャレンジ01 3ゲート突破 1対1

0004792.gif

コーンを1~2m間隔で4つ並べ、父と子が向かい合います。子どもはドリブルでコーンの間を通過すればOK。父はコーンの間を突破されないように、横に動いてディフェンスをします。ディフェンス時は横移動のみで、コーンの置いてある位置から前に出てはいけません。お父さんは横に移動して守備をするだけなので、サッカー経験がなくても大丈夫です!

0004793.jpg

コレが身につく!
「これは相手の存在を意識しながら、ボールを運ぶ練習です。相手の逆を突くイメージを持ってドリブルすることで、お父さんをどちらかのコーンに移動させて、空いているコーンの間を突破しましょう」(浅野氏)

■チャレンジ02 幅広ゲート突破 1対1

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(179件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 【前編】1対1で遊びながら 攻撃の基本とアイデアを身につける

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ