1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼 - ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方 -

本・書籍

2018年10月 5日

平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼 - ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方 -

キーワード:Jリーグひらちゃんスタジアムグルメスタジアム観戦平畠啓史

Jリーグ村井チェアマン、岡田武史さんも推薦! サッカーの楽しみ方が凝縮された1冊


Jリーグを見続けてきた平畠啓史さん(ひらちゃん)だからこその、「Jリーグの楽しみ方」をお届けする本が発売されました。巻頭には中村憲剛選手との特別対談も収録! ぜひお手に取ってみてくださいね。

hirahata_books.jpg

それぞれのチームの魅力だけでなく、スタジアム周辺施設、グルメ情報、マスコット、過去の名場面など、「おすすめTOP5」をご紹介。スタジアムに足繁く通っているひらちゃんだからこその愛がほとばしる全54チームのコラムは必読です。


<内容一部紹介>
・大人は夢を持たない方が無難に生きることができるかもしれない。だけど、夢を追って、リスクを負って大人が挑戦したからこそ、今ここに鹿島アントラーズがある。(鹿島アントラーズ編)

・すべてを研ぎ澄ました選手同士が戦うピッチで勝負がどちらに転がるかなんて本当に紙一重だ。(浦和レッズ編)

・最新鋭の美しいスタジアムがいいに決まっている。だけど、どんなに上質なコンクリートを使用しようが、座りやすい座席にしようが、最新鋭のLEDでピッチを照らそうが、スタジアムに命を吹き込むのは人間である。(ヴァンフォーレ甲府編)

・集団が一つのボールに対して喰らいつき、ひたむきに戦う。色気はない。いや色気がないからこそ、その姿には心を揺さぶられるものがある。観客もそんな姿に大きな拍手を送る。(ファジアーノ岡山編)

<巻頭対談>
中村憲剛選手
「観戦に来てくれる人たちからの期待を感じるし、それは選手としてのモチベーションにもなっている」
「成績がいい時も悪い時もファンを楽しませることを忘れてはいけない」

この本には、サッカーの戦術論やシステム論は書いてありません。
綴られているのはスタジアムに足を運んだ人にしか得られない、それぞれの街の魅力やサポーターの熱意、忘れられない出会いといったもの。

サッカーはこれほどまでに、深く、楽しい。
読めばきっと、スタジアムに行くのがもっと楽しくなる。そんな1冊です。

発売日:2018年10月5日
発行:ヨシモトブックス
出版社:ワニブックス
単行本:ソフトカバー238ページ
価格:1,620円(税込)
購入先:全国書店、インターネット書店

平畠啓史(ひらはた・けいじ)
大阪府出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。出身の大阪府高槻市でサッカーを始め、高校3年時には主将としてチームをインターハイ出場に導いた経験を持つ。
スカパー! のJリーグハイライト番組で10年にわたりMCを務める等、プライベートでもJリーグの試合会場に足を運び続ける芸能界イチのサッカー通。今や全国各地のクラブ関係者、選手からも一目置かれている。

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(176件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼 - ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方 -