1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 凡事徹底――九州の小さな町の公立高校からJリーガーが生まれ続ける理由

本・書籍

2017年9月 4日

凡事徹底――九州の小さな町の公立高校からJリーガーが生まれ続ける理由

キーワード:トレーニング凡事徹底勉強睡眠練習時間自主練

元日本代表の巻誠一郎、土肥洋一ら50名近くのJリーガーを輩出し、大津高校(熊本県)を全国大会の常連に育て上げた平岡和徳総監督。学校のスローガンにして平岡監督の指導理念「凡事徹底」とは、当たり前のことを人並み以上に徹底してやり抜くこと。
 
誰にとっても1日は24時間しかない。
 
それならば、勉強も生活習慣もすべてサッカーに還元されるよう「24時間をデザインさせる」。翌日の練習のためにしっかり眠る、この栄養素を摂るのはこういう身体にするためだと夢や目標を持って子どもたちが計画・実行することで、選手たちは自らの課題を見つけ、成長していく。
 
20170831_books_iseri.jpg
 
 
放課後の部活は、指導者に練習を「やらされる」のではなく選手自らが「やる」環境を作るために練習は1日100分のみ。その理由は「終わりを作ることで途中を頑張れる」から。
 
独自の指導理論はサッカー部のみならず学校全体に浸透。他の部活動の成績アップ、生徒の学力向上をもたらし教育者としての手腕・功績を高く評価されている名指導者・平岡和徳監督のチームマネジメントと人づくりに迫る1冊。
 
本書はサッカー・スポーツ指導者だけでなく、教育関係者や一般の父兄、また職場などで指導的立場にある方々にとっても非常に参考になるヒントに満ち溢れています。
 
 
発売日:2017年8月30日
出版社:内外出版社
単行本:ソフトカバー224ページ
価格:1400円(税抜)
購入先:全国書店、インターネット書店
 
井芹貴志(いせり・たかし)
大学卒業後、タウン情報誌の編集者を経て2005年にフリーランスとなり、ロッソ熊本(当時)の取材を始める。現在、ロアッソ熊本担当としてJリーグファンサイト「J's GOAL」「EL GOLAZO」「サッカーダイジェスト」等で関連記事を執筆しているほか、熊本県内のサッカー情報を発信するwebマガジン「kumamoto FOOTBALL JOURNAL」を運営している。
 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(159件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. 凡事徹底――九州の小さな町の公立高校からJリーガーが生まれ続ける理由