1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. フランスの育成はなぜ欧州各国にコピーされるのか

本・書籍

フランスの育成はなぜ欧州各国にコピーされるのか

2014年6月11日

キーワード:フランス新刊

JFAアカデミーなど、日本サッカーもモデルにし、躍進するドイツやスペインにも影響を与えた育成システムには、どんな秘密があるのか?
 

140611book.jpg

 
プラティニ、ジダン、アンリ、リベリ、ベンゼマ、ヴァランヌ、ポグバ、さらにはドログバ、アザールまで、世界で活躍する逸材が湧き出るように輩出し続ける、育成大国・フランス。本書は、フランスで16年間サッカーの取材を続け、フランス連盟のトップクラスや育成関係のキーパーソン、さらには「レキップ」「フランスフットボール」などにパイプのある著者が関係者への綿密な取材を重ね、その概念やこれまでの試行錯誤と発展の経緯、そして最新の議論に至るまでを体系的にまとめた画期的な一冊。サッカー指導者、育成関係者の皆さんはもちろん、一般のサッカーファンやフランス代表ファンの方にも一読頂きたい内容となっている。
 
■内容紹介
 
第1章 フランスの育成はどう始まったか―その歴史に学ぶ―
第2章 プレフォルマシオン(ピッチ編)―12~13歳から14~15歳の少年を育てる仕組み―
第3章 プレフォルマシオン(ピッチ外編)―12~13歳から14~15歳の少年を育てる仕組み―
第4章 フォルマシオン―15~16歳から17~18歳の少年を育てる仕組み―
第5章 ポストフォルマシオン―18歳前後を見捨てない概念と仕組み―
第6章 指導者・監督の育成―指導者育成なくして選手育成なしという道理―
第7章 最前線―苦悩と疑念に襲われて―
 

 

1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(156件)

コメント

  1. サカイク
  2. 本・書籍
  3. フランスの育成はなぜ欧州各国にコピーされるのか

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ