1. トップ
  2. 本・書籍
  3. Jクラブ強化論

本・書籍

2014年2月 4日

Jクラブ強化論

キーワード:Jリーグ新刊

20周年を迎えたJリーグ。サポーターは常に「強いチーム」を求めている。Jリーグの各クラブは、チームを強くするためにどのような戦略を描いているのか。GMや強化部長、選手・監督の代理人に徹底取材し、これまで語られることのなかったクラブ強化の理想と現実、建前と本音、Jクラブの今後のあり方についてまとめた1冊。 
 
0204book_300.jpg
 
<コンテンツ紹介>
 
はじめに:Jクラブにおける強化部の役割 
第1章:“二兎を追う"強化の現状
第2章:常に考える「正のスパイラル」浦和レッズ・山道守彦強化本部長
第3章:FC東京は“育成型ビッグクラブ"へ FC東京・立石敬之強化部長
第4章:「クラブをどうやって存続させていくのか」ガンバ大阪・梶居勝志強化本部長
第5章:「ヴァンフォーレはメディアになっている」ヴァンフォーレ甲府・佐久間悟GM
第6章:「やっぱり、風通しですよ」小見幸隆元柏レイソル強化本部統括ダイレクター
第7章:「地域とどれだけ一緒にやれるか」水戸ホーリーホック・鈴木徳彦強化部長
第8章:「プロのGMをつくる」名古屋グランパス・久米一正GM
第9章:代理人から見た「賢い強化」稲川朝弘FIFA公認代理人
あとがき:理想の強化、今後のJリーグ
 
<著者>
田中直希(タナカナオキ)
大学卒業後、一般企業に就職したが、一念発起してフリーライターに転身。2009年のシーズン途中からサッカー専門新聞『エル ゴラッソ』柏レイソル担当記者となる。2013年からFC東京と横浜FCの担当をしている。ほぼ毎日、担当クラブの練習場に通い詰めている。著書に『ネルシーニョ すべては勝利のために』(ぱる出版)がある。
 
 
1

関連記事

関連記事一覧へ

本・書籍コンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. トップ
  2. 本・書籍
  3. Jクラブ強化論