1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 股関節を大きく動かせるようになる!片足インサイド&アウトサイド・リフティング

練習メニュー

股関節を大きく動かせるようになる!片足インサイド&アウトサイド・リフティング

2016年5月25日

キーワード:いやでもうまくなるトレーニングメソッドリフティング少年サッカー村松尚登

[村松尚登のいやでもうまくなるトレーニングメソッド・その1]

 
サッカー上達の科学 いやでも巧くなるトレーニングメソッド』の著者である村松尚登さんは、少年サッカーのグラウンドでよく見かける「前方向」にしか体を動かせない子どもたちの特徴として、以下の2つを挙げます。
 
1.股関節が硬く、くるりと反転できない
2.ボールをもった状態で"後ずさり"できない
 
「反転(ターン)」も「後ずさり」も、自分の背後にあるスペースを有効に使うための動きです。反転は「視界にないスペースを使う技術」、後ずさりは「スペースを広げる技術」と表現でき、前者は元スペイン代表のシャビ・エンルナンデス、後者は元アルゼンチン代表のファン・ロマン・リケルメが得意とする選手の代表例でしょう。「うまい!」と思わず膝を打つような選手は、これらの動きを上手に使いこなします。
 
日常生活において、反転や後ずさりをする場面は決して多くありません。したがって、これらのプレーに使う筋肉や関節の動きは日常生活でのそれとは大きく異なります。今回は、そうした動きをスムーズに繰り出せるようになるリフティングトレーニングをひとつご紹介します。(コンテンツ提供:株式会社講談社)
 
※本稿は、『サッカー上達の科学 いやでも巧くなるトレーニングメソッド』(著者・村松尚登、講談社/刊)の一部を転載したものです。
 

■片足インサイド&アウトサイド・リフティング

「片足インサイド&アウトサイド・リフティング」通常スピード、前から撮影
 
「片足インサイド&アウトサイド・リフティング」スローモーション、前から撮影
 
「片足インサイド&アウトサイド・リフティング」通常スピード、横から撮影影
 
「片足インサイド&アウトサイド・リフティング」スローモーション、横から撮影
 

■足を水平に上げることで股関節を大きく動かせるようになる

片方の足でインサイドとアウトサイドを交互に使いながら、リフティングをします。どちらのキックも足を水平に上げることがコツで、この動きによって股関節を大きく動かすことができます。
 
両方の股関節を自由自在に動かすことが主目的ですので、利き足だけでなく、苦手なほうの足でもチャレンジしましょう。
 
このリフティングは、"動き"がとても重要です。まずは「ボールなし」から始めて動きを覚え、ワンバウンド・リフティングからチャレンジしてみましょう。「インサイド→アウトサイド→ワンバウンド」など、組み合わせによって難易度を調整するのも"楽しみながら練習する"ためのコツです。ボールの高さは気にせず、まずは10回連続を目標にチャレンジしてください。
 
それができるようになったら、ボールを上げる高さを「頭まで」や「胸まで」などに制限して行ってみましょう。
 
jyotatsunokagaku_01.jpg
 
村松尚登
1973年、千葉県生まれ。筑波大学体育専門学群卒業後、1996年にスペイン・バルセロナへ。行こう、同国で13年間、8クラブで指導に携わる。2004年にスペインサッカー協会の上級コーチングライセンス(日本のS級ライセンスに相当)を取得。2006年よりFCバルセロナの現地スクールにて唯一の外国人コーチとして12歳以下の子どもたちを指導。2009年にはFCバルセロナスクール福岡校の立ち上げと指導に携わり、2013年3月に水戸ホーリーホックのアカデミーコーチに就任、現在に至る。著書に『テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人』、監修に『最速上達サッカー オフ・ザ・ボール』など。
 
 
村松尚登さんの新刊『サッカー上達の科学』の出版を記念して、村松さんと、『重心移動だけでサッカーは10倍上手くなる』(KKロングセラーズ)の著者でフットボールスタイリストの鬼木祐輔さんのトークイベントを行います。詳しくはこちら>>
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1
コンテンツ提供:株式会社講談社

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(343件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 股関節を大きく動かせるようになる!片足インサイド&アウトサイド・リフティング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ