1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

練習メニュー

身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

2016年2月16日

キーワード:クリーチャートレーニング

現代の子どもたちは身体を動かす機会が減少。むかしは木登りや鬼ごっこなどの遊びの中で身に付いていた「自然体で動ける身体」も、トレーニングを与えて身に付けさせることが必要になっています。そこで注目を浴びているのがクリーチャートレーニングです。
 

■クリーチャートレーニングとは

クリーチャートレーニングとは英語に直すとCreature=生き物 Training=トレーニングです。さまざまな生き物の動きを真似することで自然体で動ける身体作りを目指します。
従来のトレーニングでは胸筋、腹筋、背筋など各部位ごとにフォーカスしたトレーニングが多かったです。一箇所に集中して筋力をつけることができる一方で人間が本来持っているバランスのとれた身体作りができないことが問題でした。
 
基本的にどのスポーツにおいても、最大限のパフォーマンスを発揮するためには一部の筋肉だけでなく、いろいろな筋肉を連動させることが大切です。そこで有用なのがクリーチャートレーニングです。クリーチャートレーニングではバランスのとれた身体作りで身体全体の筋肉を連動させることが可能になります。
 
今回は、さまざまな生きもの(クリーチャー)の動作を取り入れたトレーニングを紹介します。
 

■クリーチャートレーニング<クラゲ編>

 
正しい動作

 
間違った動作

 
[間違っているポイント]
・ひざ関節、股関節の柔軟性がない
 
[改善させるポイント]
・かかとを視点につま先を立てる
・股関節、ひざ関節を左右に回すことで、柔軟性のある動きができる
 
 
今回はクラゲ編をご紹介しました。他の生き物の動きを練習することでバランスのとれた身体作りができることでしょう。ぜひトレーニングメニューのひとつに取り入れてみてください。以下他の生き物の場合のトレーニングメニュー記事のリンクになります。
 
クリーチャートレーニング <フラミンゴ編>
 
クリーチャートレーニング <ライオン編>
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

●おすすめ商品●

ユニークな動物の動きで楽しくストレッチ

sakusen_setimg.jpg

クリーチャー (生き物)の動きをお手本にしたユニークなトレーニング!全身運動で身体のバランスを整え『自然に動ける身体』を作ります。自分の体重がそのまま負荷になるので、自然にバランス・体幹・柔軟性が鍛えられます。

 

商品詳細はこちら
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(341件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの体を大きくするためにはマスト?牛乳について気になること
    2017年4月25日
  2. チームに期待を持てず移籍を迷うんだが問題
    2017年4月26日
  3. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  4. 送迎も普段使いもレジャーにも!サッカーパパ&ママにとって「使い勝手がいい」3列シート
    2017年4月27日
  5. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  6. 東京国際ユース(U-14)サッカー大会の選手名簿が公開!
    2017年4月27日
  7. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  8. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  9. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  10. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日

一覧へ