1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

練習メニュー

身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

2016年2月16日

キーワード:クリーチャートレーニング

現代の子どもたちは身体を動かす機会が減少。むかしは木登りや鬼ごっこなどの遊びの中で身に付いていた「自然体で動ける身体」も、トレーニングを与えて身に付けさせることが必要になっています。そこで注目を浴びているのがクリーチャートレーニングです。
 

■クリーチャートレーニングとは

クリーチャートレーニングとは英語に直すとCreature=生き物 Training=トレーニングです。さまざまな生き物の動きを真似することで自然体で動ける身体作りを目指します。
従来のトレーニングでは胸筋、腹筋、背筋など各部位ごとにフォーカスしたトレーニングが多かったです。一箇所に集中して筋力をつけることができる一方で人間が本来持っているバランスのとれた身体作りができないことが問題でした。
 
基本的にどのスポーツにおいても、最大限のパフォーマンスを発揮するためには一部の筋肉だけでなく、いろいろな筋肉を連動させることが大切です。そこで有用なのがクリーチャートレーニングです。クリーチャートレーニングではバランスのとれた身体作りで身体全体の筋肉を連動させることが可能になります。
 
今回は、さまざまな生きもの(クリーチャー)の動作を取り入れたトレーニングを紹介します。
 

■クリーチャートレーニング<クラゲ編>

 
正しい動作

 
間違った動作

 
[間違っているポイント]
・ひざ関節、股関節の柔軟性がない
 
[改善させるポイント]
・かかとを視点につま先を立てる
・股関節、ひざ関節を左右に回すことで、柔軟性のある動きができる
 
 
今回はクラゲ編をご紹介しました。他の生き物の動きを練習することでバランスのとれた身体作りができることでしょう。ぜひトレーニングメニューのひとつに取り入れてみてください。以下他の生き物の場合のトレーニングメニュー記事のリンクになります。
 
クリーチャートレーニング <フラミンゴ編>
 
クリーチャートレーニング <ライオン編>
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

●おすすめ商品●

ユニークな動物の動きで楽しくストレッチ

sakusen_setimg.jpg

クリーチャー (生き物)の動きをお手本にしたユニークなトレーニング!全身運動で身体のバランスを整え『自然に動ける身体』を作ります。自分の体重がそのまま負荷になるので、自然にバランス・体幹・柔軟性が鍛えられます。

 

商品詳細はこちら
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(343件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  2. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  3. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  4. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  5. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  6. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  9. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ