1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

練習メニュー

身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

2016年2月16日

キーワード:クリーチャートレーニング

現代の子どもたちは身体を動かす機会が減少。むかしは木登りや鬼ごっこなどの遊びの中で身に付いていた「自然体で動ける身体」も、トレーニングを与えて身に付けさせることが必要になっています。そこで注目を浴びているのがクリーチャートレーニングです。
 

■クリーチャートレーニングとは

クリーチャートレーニングとは英語に直すとCreature=生き物 Training=トレーニングです。さまざまな生き物の動きを真似することで自然体で動ける身体作りを目指します。
従来のトレーニングでは胸筋、腹筋、背筋など各部位ごとにフォーカスしたトレーニングが多かったです。一箇所に集中して筋力をつけることができる一方で人間が本来持っているバランスのとれた身体作りができないことが問題でした。
 
基本的にどのスポーツにおいても、最大限のパフォーマンスを発揮するためには一部の筋肉だけでなく、いろいろな筋肉を連動させることが大切です。そこで有用なのがクリーチャートレーニングです。クリーチャートレーニングではバランスのとれた身体作りで身体全体の筋肉を連動させることが可能になります。
 
今回は、さまざまな生きもの(クリーチャー)の動作を取り入れたトレーニングを紹介します。
 

■クリーチャートレーニング<クラゲ編>

 
正しい動作

 
間違った動作

 
[間違っているポイント]
・ひざ関節、股関節の柔軟性がない
 
[改善させるポイント]
・かかとを視点につま先を立てる
・股関節、ひざ関節を左右に回すことで、柔軟性のある動きができる
 
 
今回はクラゲ編をご紹介しました。他の生き物の動きを練習することでバランスのとれた身体作りができることでしょう。ぜひトレーニングメニューのひとつに取り入れてみてください。以下他の生き物の場合のトレーニングメニュー記事のリンクになります。
 
クリーチャートレーニング <フラミンゴ編>
 
クリーチャートレーニング <ライオン編>
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

●おすすめ商品●

ユニークな動物の動きで楽しくストレッチ

sakusen_setimg.jpg

クリーチャー (生き物)の動きをお手本にしたユニークなトレーニング!全身運動で身体のバランスを整え『自然に動ける身体』を作ります。自分の体重がそのまま負荷になるので、自然にバランス・体幹・柔軟性が鍛えられます。

 

商品詳細はこちら
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(343件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 身体のパフォーマンスを最大化するクリーチャートレーニングのやり方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ