1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

練習メニュー

サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

2016年2月10日

キーワード:クルゼイロトレーニングドリブルブラジル

サッカー王国ブラジルでNo'1育成クラブとの呼び声高い『クルゼイロEC』。かつてジーコと共に“黄金のカルテット”と呼ばれたトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)も所属していたブラジルの名門クラブです。果たして、彼らはどのようなトレーニングを行っているのでしょうか? 今回は、その一部を公開します。(動画提供:クルゼイロジャパン)

 

 

■テーマ
「ボール運びとドリブル突破」
 
■進め方
1.2人同時に行う。片側のゲート(同じ色)を順番に通過。3つ全部通過したら、スタート地点に戻る。そのまま逆側の3つのゲートも通過し、スタート地点まで戻る。
2.2人が競争する
※注!1.2.共に、右サイドは右足のみで、左サイドは左足のみでボールを運ぶ。
3.2ゴールの1VS1を行う。2つのゴールのどちらかを通過する。ゴールしたら、そのままその色のゲートを全部通過する。ボールを奪われたら攻守交替して再開。
 
■ポイント
・インサイド、インステップ(アウト寄り)、足裏などさまざまなボールタッチでボール運び(コンドゥソン)ができるように
・スピードに乗りながらも、ボールと体とを一体化させること
・ 相手を意識しながらボールを運ぶこと。自分が左サイドなら右にいる選手を相手と想定する。相手から遠い足を使って、自然とボールを守れるボール運びを身につける
・上半身を起こして、可能な限りボールを見ずにボールを運べるように
※これらのポイントをベースに、1対1のドリブル突破を行う。
 
 
相手DFを意識させながら行うことで、難易度をコントロールできます。ただただ、マーカーを通過するだけのトレーニングにならないように心がけましょう。設定を工夫することで自然と、正確でスピードに乗ったボールタッチが身につきます。しかもプレー、ポジションの選択肢を多く持つためにも、両足でできるようにしたい。ブラジルでは、ボール扱いが上手なだけの選手は通用しません。試合で使える技術の習得を目指しましょう。
 

ブラジルNo'1育成クラブのトレーニングで個を伸ばそう!>> 1451980081.jpg
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(343件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. ゴールキーパーの練習メニュー ~シュートブロック編~
    2017年8月21日
  4. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  9. 夏休み、ちゃんと休んでますか? サッカーが上手くなるのに大事な2種類の休み方
    2017年8月21日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ