1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

練習メニュー

サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

2016年2月10日

キーワード:クルゼイロトレーニングドリブルブラジル

サッカー王国ブラジルでNo'1育成クラブとの呼び声高い『クルゼイロEC』。かつてジーコと共に“黄金のカルテット”と呼ばれたトニーニョ・セレーゾ(元鹿島アントラーズ監督)も所属していたブラジルの名門クラブです。果たして、彼らはどのようなトレーニングを行っているのでしょうか? 今回は、その一部を公開します。(動画提供:クルゼイロジャパン)

 

 

■テーマ
「ボール運びとドリブル突破」
 
■進め方
1.2人同時に行う。片側のゲート(同じ色)を順番に通過。3つ全部通過したら、スタート地点に戻る。そのまま逆側の3つのゲートも通過し、スタート地点まで戻る。
2.2人が競争する
※注!1.2.共に、右サイドは右足のみで、左サイドは左足のみでボールを運ぶ。
3.2ゴールの1VS1を行う。2つのゴールのどちらかを通過する。ゴールしたら、そのままその色のゲートを全部通過する。ボールを奪われたら攻守交替して再開。
 
■ポイント
・インサイド、インステップ(アウト寄り)、足裏などさまざまなボールタッチでボール運び(コンドゥソン)ができるように
・スピードに乗りながらも、ボールと体とを一体化させること
・ 相手を意識しながらボールを運ぶこと。自分が左サイドなら右にいる選手を相手と想定する。相手から遠い足を使って、自然とボールを守れるボール運びを身につける
・上半身を起こして、可能な限りボールを見ずにボールを運べるように
※これらのポイントをベースに、1対1のドリブル突破を行う。
 
 
相手DFを意識させながら行うことで、難易度をコントロールできます。ただただ、マーカーを通過するだけのトレーニングにならないように心がけましょう。設定を工夫することで自然と、正確でスピードに乗ったボールタッチが身につきます。しかもプレー、ポジションの選択肢を多く持つためにも、両足でできるようにしたい。ブラジルでは、ボール扱いが上手なだけの選手は通用しません。試合で使える技術の習得を目指しましょう。
 

ブラジルNo'1育成クラブのトレーニングで個を伸ばそう!>> 1451980081.jpg
1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(340件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. サッカー王国ブラジルが誇るNo'1育成クラブのボールトレーニングとは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  3. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  4. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  7. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  8. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  9. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ