1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 香川真司選手のシュート①

練習メニュー

香川真司選手のシュート①

2014年2月27日

キーワード:コントロールシュート

【練習の目的】
●シュート技術の向上
 
 
<2013年6月19日 コンフェデレーションズ杯グループリーグ 日本代表 VS イタリア代表>
 
試合開始から攻勢を仕掛ける日本は、岡崎慎司が獲得したPKを本田圭佑が落ち着いてゴール左隅に決め先制すると、その直後の33分、イタリアのゴール前で高く舞い上がるルーズボールに香川真司が反応。相手ディフェンダーと交錯し体勢を崩しながらも、鋭い反転からのボレーシュートをゴールに突き刺した。
 
■一般的なセオリー
一般的なセオリー01一般的なセオリー02一般的なセオリー03一般的なセオリー04
 
 
トラップ→シュート
 
【やり方】
1.左足インサイドで身体の右側にコントロール
2.反転しつつ左足シュート
 
 
■香川選手の選択
香川選手の選択01香川選手の選択02香川選手の選択03香川選手の選択04
 
 
左足ボレー→シュート
 
【やり方】
1.ボールの落下地点より奥に身体を回り込ませて
2.右回りに反転しつつ
3.左足インステップでボレーシュート
 
【ポイント】
1.ボレーシュートは身体の重心をゴール方向に傾ける
2.ボールを見ながらもゴールがある位置はイメージしておく
3.ボレーシュートはバウンドさせる
 
 
■時間のないペナルティエリア内で、ルーズボールを効果的に処理するアイディア
 
ルーズボールの処理については、落下点でボールを足元に落ち着かせることがセオリーです。しかし、こちらがトラップしてシュートを打つまでの時間、相手ディフェンダーが待っていてくれることはありません。シュートエリアにおいて、ディフェンダーは相手にシュートを打たせないことを最優先にプレーします。よって、シュートを打つチャンスは限られてきます。それがペナルティエリア内になればなおさらです。トラップするとGKに距離を詰められてしまい防がれてしまう。香川選手はまさにそういった状況に置かれていました。
 
そこで、香川選手はシュートまでの時間を短縮するためにトラップを省くダイレクトシュートを選択しました。体勢を崩しながらも高いコーディネーション能力でバランスを保ち、すばやく反転しながら左足ボレー。シュートは地を這うような軌道でゴール左隅に突き刺さりました。もちろん香川選手の高い技術がなければできないハイクオリティなプレーですが、トラップせずにダイレクトでシュートしよう、というアイディアがなければ、思いつきもしません。失敗してもいいから、まずは思いついてそれをプレーすることから始めましょう。
 
 
■実演
菊池コーチ
菊池健太コーチ
考える力が身につくサッカースクール「シンキングサッカースクール」
考えることを楽しみ、チャレンジすることを楽しむサッカースクール。子どもが考えること、チャレンジしやすい環境を心がけ、心からサッカーを楽しむことを目指している。
 
構成/文 出川啓太(サカイク編集者)
1
写真/サカイク編集部 撮影協力/フットサルパーク吉祥寺

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(340件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 香川真司選手のシュート①

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  3. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  4. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. ケンタッキーフライドチキンカップ(埼玉)参加チーム募集
    2017年1月17日

一覧へ