1. サカイク
  2. トピックス
  3. FC東京 短期型スプリングクリニック開催

トピックス

FC東京 短期型スプリングクリニック開催

2016年2月24日

キーワード:FC東京サッカークリニックサッカーファミリー募集選手育成

 FC東京では春休みを利用した短期型のスプリングクリニックを実施いたします。

 会場はFC東京パーク府中となり、小学生や親子、サッカーが初めての子、知的障害がある方、サッカー・フットサルとそれぞれを対象にしたクリニックとなっております。

 申込〆切は3月20日 12:00までです。各コースの概要をご確認のうえ、みなさん奮ってご参加ください。

テクニック①.JPG

□会場
FC東京パーク府中≪住所≫東京都府中市宮町1-41-2 伊勢丹屋上

※ビルの屋上の施設になるためボールは持ち込まないください(ピッチ以外でのボールのご使用はできません)

□各参加費
2,500円

□各コース概要
【あおぞら】
中学生以上の知的に障がいがある方
開催日時/募集人数※申込み多数の場合は抽選

3月26日(土)10:30~12:00【20人】

【親子サッカー】
開催日時/募集人数※申込み多数の場合は抽選
3月27日(日)12:30~14:45【2部制 各部15組30名】
1部12:30~13:30【現年少・現年中 計15組30名】(4月より新年中・新年長)

2部13:45~14:45【現年長・現1年生 計15組30名】(4月より新1・新2年生)

【サッカー初心者】
※初めてサッカーする子、チームに入ってない子、女の子など。

3月27日(日)15:00~16:30【現1年生~現5年生 計32名】(4月より新2年生~新6年生)

【ワンデイフットサルクリニック】
開催日時/募集人数※申込み多数の場合は抽選
3月29日(火)10:30~16:00【3部制 各部20名 計60名】
1部10:30~11:30【現年長・1年生 20名】(4月より新1・2年生)

2部11:45~12:55【現2・3年生 20名】(4月より新3・4年生)
3部14:40~16:00【現4・5年生 20名】(4月より新5・6年生)

【ワンデイジュニアサッカークリニック~ドリブル編~(新3・4年生)】
開催日時/募集人数※申込み多数の場合は抽選

3月30日(水)10:30~12:00【現2・3年生 計16名】(4月より新3・4年生)

【ワンデイジュニアサッカークリニック~パス編~(新3・4年生)】
開催日時/募集人数※申込み多数の場合は抽選

3月30日(水)10:30~12:00【現2・3年生 計16名】(4月より新3・4年生)

【ワンデイジュニアサッカークリニック~突破ドリブル編~(新5・6年生)】
開催日時/募集人数※申込み多数の場合は抽選

3月30日(水)13:30~15:00【現4・5年生 計16名】(4月より新5・6年生)

【ワンデイジュニアサッカークリニック~パス&コントロール編~(新5・6年生)】
開催日時/募集人数※申込み多数の場合は抽選

3月30日(水)13:30~15:00【現4・5年生 計16名】(4月より新5・6年生)

申込方法など詳細はこちら>>
 

1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. FC東京 短期型スプリングクリニック開催

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ