1. サカイク
  2. トピックス
  3. チャリティマッチにフィーゴやアンリ、ダーヴィッツが参加

トピックス

チャリティマッチにフィーゴやアンリ、ダーヴィッツが参加

2015年9月25日

キーワード:チャリティヒュンメル

AZアルクマールの本拠地AFASスタディオンで、レアル・マドリード・レジェンズvsローレウス・オールスターズのチャリティマッチが行われました。マドリーには、ルイス・フィーゴやカランブー、ルベン・デ・ラ・レー、ローレウスにはアンリ、セードルフ、ダーヴィッツ、カフーらが名を連ねました。
 
shuugou.jpg
c Pro Shots / Ed van de Pol
 

■障がいや貧困によりスポーツができない若者に向けたチャリティマッチ

このチャリティマッチを企画したのは、毎年、スポーツの各分野で活躍した選手や団体が表彰されるローレウス世界スポーツ賞で知られるオランダのローレウス(Laureus)。ローレウスは、ローレウス・スポーツアカデミー、ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団、ローレウス世界スポーツ賞の3部門からなり、スポーツの力を最大限に使い、社会をより良くしていくことを目的とし、またスポーツの素晴らしさを広げています。
 
今回のチャリティマッチは、ローレウス・オランダにより企画・運営されました。ローレウス・オランダは、アムステルダムやアルメレ、ゴーダにおいて、障がいや貧困によりスポーツができない若者に対して、スポーツをする場を設け、教育するプロジェクトを行っています。ローレウス・オランダは設立から100億円以上を集め、100万人以上の若者の生活改善に役立ってきました。今回の試合の収益は、スポーツを通じて社会変革を起こす、これらのオランダ国内のプロジェクトに寄付されます。また、オランダだけでなく、レアル・マドリード財団を通して、マドリードの若者のためにも使われることになっています。
 

■フィーゴ、アンリ、ダーヴィッツらが躍動

レアル・マドリード・レジェンズはルイス・フィーゴやクロード・マケレレ、クリスティアン・カランブー、フェルナンド・イエロらエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウのヒーローたち。ローレウス・オールスターズは、ティエリ・アンリ、エドガー・ダーヴィッツ、カフー、ハカン・シュキュル、それにローレウスのアンバサダーであるファン・デル・サールらが名を連ねました。そして、レフリーはワールドカップとチャンピオンズリーグ両方の決勝戦で笛を吹いたことのある唯一の審判ハワード・ウェブが務めました。
 
anri.jpgfigo_FK.jpg
c Pro Shots / Ed van de Pol
 
試合は、開始25分、ローレウスのアンバサダーでもあるルイス・フィーゴが決め、レアル・マドリード・レジェンズが先制。しかし、33分、37分とダーヴィッツがミドルシュートを2本決め逆転。2点目の後にはユニフォームを脱ぐパフォーマンスも見られました。後半はさらに激しい点の取り合いとなり、ローレウスが常に先手をとる展開に。マドリーのルベン・デ・ラ・レーがハットトリックを決め4-4と追いつくも、アンリが84分に勝ち越しのゴール。ファン・フォーイドンクやアルカン、マケレレのゴールも会場を沸かせ、6-5でローレウス・オールスターズが勝利しました。
 
davitu.jpgsedoluf.jpg
c Pro Shots / Ed van de Pol
 

■ポジティブな変化を体験する重要性

ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団のチェアマンであるエドウィン・モーゼは、「キャリアを通じて、ヒーローであり、ロールモデルでもあったサッカー界のレジェンドたちが、子どもたちのサポートという趣旨に共感し、参加してくれたことを非常に嬉しく思います」と話しました。
 
また、ローレウス・オランダの委員でもあるセードルフは、試合後にこう話しました。「ネルソン・マンデラ氏が証明してくれたように、スポーツで私たちは繋がることができ、またスポーツは社会を変える力を持ちます。私はスポーツを通して、世界中の若者の役に立ちたいと思っています。チームスピリッツ、ハードワーク、リスペクト、規律など、スポーツを通じて得られる力で、若者たちは自分たちの目標に向かってより大きなチャンスを手にすることができると思っています」
 

 
■ヒュンメルについて
デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらし、今までできなかったプレーを可能にしました。そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。1999年にはレトロスタイルとスポーツを融合させたファッションラインをスタートさせ、一躍ハリウッドスターなどセレブから注目されるブランドに。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.” をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。アフガニスタンやシエラレオネなど、失われた可能性を取り戻すようなサポートを実施。新しいチャレンジを続けています。
 
hummel Official Web Site>>
Twitter>>
Facebook>>
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7304件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. チャリティマッチにフィーゴやアンリ、ダーヴィッツが参加

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ