1. サカイク
  2. トピックス
  3. 横浜FM「F・マリノスのGW」にキャラクター集結

トピックス

横浜FM「F・マリノスのGW」にキャラクター集結

2015年4月20日

キーワード:イベントコラボレーション横浜F・マリノス

 横浜F・マリノスは18日、ゴールデンウィーク中に開催される明治安田生命J1リーグ 1stステージのホームゲーム4試合を「F・マリノスのゴールデンウィーク」とし、来場者が楽しめるイベントを用意すると発表しました。

対象試合

■4/25(土) 15:00 1stステージ 第7節 湘南ベルマーレ戦
■4/29(祝・水) 19:00 1stステージ 第8節 サンフレッチェ広島戦
■5/6(祝・水) 15:00 1stステージ 第10節 名古屋グランパス戦
■5/10(日) 14:00 1stステージ 第11節 アルビレックス新潟戦

 

◆4/25(土) 15:00 1stステージ 第7節 湘南ベルマーレ戦
<<劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 コラボイベント実施>>

 25日のベルマーレ戦では、東映株式会社及び横浜市交通局とともに、4月18日全国公開の劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』とのタイアップ企画を行います。企画内容は以下の通りです。

1. 対象試合において、各試合先着1万名様に、コラボポスターデザインのポストカードをプレゼント
2. 対象試合での、悟空&べジータ(4/12)、悟空&フリーザ(4/25)の来場&撮影会およびブース展開を実施
3. 横浜市営地下鉄車内、市営バス車内及び地下鉄駅構内にコラボポスターを掲出

4. 4月12日、25日の試合のお得な観戦券「ウェルカムチケット」の販売

その他詳細はこちら>>

また、帆船日本丸記念財団と共同開発によりお子様にでも簡単に出来る、簡易型の帆船ペーパークラフト教室も開催!

 

<<4/29(水・祝) 19:00 1stステージ 第8節 サンフレッチェ広島戦>>

 29日の広島戦では、ポケモンセンターヨコハマアレンジの「YOKOHAMA」ユニフォームを着用したピカチュウが登場。さらに、チアリーディング風のコスチュームを着たピカチュウも一緒に試合を応援し盛り上げます。企画内容は以下の通りです。

(1)ピカチュウ撮影会
(2)ピカチュウサンバイザーをプレゼント
(3)高さ9mの巨大ピカチュウふわふわ遊具(有料)

(4)ポケモン☆キッズカーニバル(ミニアトラクション/有料)

また、小さいお子様をお連れのご家族のみなさまが、安心で快適にご観戦いただけるよう、2014年より日産スタジアムバックスタンドの一角に「ファミリー推奨エリア」を新設。さらに、ご家族にとって親しみやすい観戦場所になっていただけるよう、地元の「ポケモンセンターヨコハマ」とタッグ組み本エリア付近で様々なイベントを実施して参ります。

その他詳細はこちら>>
 

 

その他、5月6日の名古屋戦にはウルトラマンが登場、10日の新潟戦では「焼きさんま」を無料で振る舞ったり、ゆるキャラレースが今年も開催されるなど盛りだくさんの内容となっています。

 

その他詳細はこちら>>

1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. 横浜FM「F・マリノスのGW」にキャラクター集結

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ