1. サカイク
  2. トピックス
  3. サッカーサービス、大人のためのクリニック第2弾開催!今だからこそ深まる理解。もう一度サッカーの原理原則を学べる

トピックス

サッカーサービス、大人のためのクリニック第2弾開催!今だからこそ深まる理解。もう一度サッカーの原理原則を学べる

2014年7月23日

キーワード:キャンプクリニックサッカーサービス指導指導者

otonaclinic.jpg
 
ジュニア向けキャンプや、指導者クリニックを開催するサッカーサービス社が、2回目となる大人のためのサッカークリニックを開催する。横浜では2014年1月に引き続き2度目、そして調布では初開催となる。今クリニックでは、第1回目クリニックで好評を得た「認知」と「サポート」をテーマとし、「周りを観るとは一体何をどの順番で観ればいいのか」、「ただ近づくだけが正しいサポートなのか」など、サッカーサービス社が考えるサッカーの原理原則を、実際のプレーを通して理解を深めていきます。さらに今回は、前回と比べ15分拡大となり、認知の幅、サポートの種類等、よりパワーアップしており、指導者、さらに子供にアドバイスをしたい保護者必見の内容となっている。大人クリニック詳細は以下のとおり。
 
■サッカーサービス社とは
サッカーサービス社は、欧州の名門クラブのディレクターや、元育成監督などで構成された指導のプロフェッショナル集団です。現在も世界各国でクリニックを行っております(ヨーロッパ各地、中国、日本などで実績あり)。また、リーガエスパニョーラトップチームの選手をはじめ、世界各国の主要リーグの選手などに対して、パーソナルコンサルティング(戦術理解力の向上に集中したサッカーのレベル向上)を行っています。
 
サッカーサービス社が目指すものは、長年の指導で得た豊富な経験と、現在もパートナーとして仕事をしているプロ選手の指導法に加え、各国の良い部分を取り入れながら、『チャンピオンズリーグ』で活躍する選手の育成です。
 
■開催概要
①横浜会場
7月31日(木) 開始19:00頃 終了21:00予定
 
【会場】
横浜みなとみらいスポーツパーク
所在地:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-1
 
【テーマ】
「認知」(いつ、何を、どの順番で観るのかなど)
 
②調布会場
8月6日(水) 開始19:00頃 終了21:00予定
 
【会場】
アミノバイタルフィールド
所在地:〒182-0032 東京都調布市西町326-3
 
【テーマ】
「サポート」(継続のサポート、緊急時のサポートなど)
 
■参加申込み方法
詳細、お申し込みは以下のリンクより
http://soccerservices.jp/news/?p=1959
※単日ごとに参加申込みいただけます。
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
1

関連記事

関連記事一覧へ

トピックスコンテンツ一覧へ(7282件)

コメント

  1. サカイク
  2. トピックス
  3. サッカーサービス、大人のためのクリニック第2弾開催!今だからこそ深まる理解。もう一度サッカーの原理原則を学べる

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ