1. サカイク
  2. 連載
  3. 13歳までに身につけたいディフェンスの戦術講座
  4. 動画で解説!ディフェンスにおける良い「マークのポジショニング」とは?

13歳までに身につけたいディフェンスの戦術講座

動画で解説!ディフェンスにおける良い「マークのポジショニング」とは?

2016年12月20日

キーワード:ディフェンスバルセロナ個人戦術守備知のサッカー

今年の夏に行われた「ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016」。FCバルセロナが2年ぶりに優勝を果たし、攻守に完成度の高いサッカーが話題になりました。はたして、彼らの何がすごかったのでしょうか? 今回、この大会を放送したスカパー!さんにもご協力いただき、試合映像を使ってそのプレーを分析しました。
 
日本の選手・指導者が、彼らから学ぶべきことはあるのでしょうか? 『知のサッカー』でおなじみ、サッカーサービスのアルベルトコーチが行った「ディフェンス」にフォーカスを当てた分析をお届けします。(文:鈴木智之、映像協力:スカパー!)
 
記事一覧 | 次回 >>
 
160825_2160_Arai.JPG
 

■ディフェンスの個人戦術(1)

「相手選手とゴールの間にポジションをとる」

日本の熱心な指導者のみなさん、こんにちは。サッカーサービスのアルベルトです。今回はジュニアサッカーワールドチャレンジの分析を、U13年代に必要な「ディフェンスの個人戦術」にフォーカスして、紹介していきたいと思います。まずは、以下のシーンについて、バルセロナのセンターバックの動きに注目して見てみてください。
 
 
相手がボールを持って攻めてくるとき、もっとも優先して守るべきはなんでしょうか? 我々は「ゴール」だと考えています。サッカーはゴールを決め、ゴールを守るスポーツです。それゆえに、ディフェンス時のチーム共通の考え方として「ゴールを守るためにどうすればいいか」を頭に入れておくよう、U13年代の選手に指導をしています。
 
では、ゴールを守るためにはどうすればいいでしょうか? 答えは最初のコンセプトである「相手選手とゴールの間にポジションをとること」です。ワールドチャレンジの試合を分析したところ、日本の選手もこのコンセプトを実行してはいましたが、ポジショニングが悪く、ゴール前にスペースを作ってしまう場面が見受けられました。
 
動画にあるバルセロナの20番のセンターバックは、このコンセプトを実行しながら、うまく背後の危険なスペースを消しながらディフェンスしていることが分かります。
 
df1.PNG
 
 

■ディフェンスの個人戦術(2)

「ボールが自分たちのゴールに近づけば近づくほど、相手選手との距離を詰める」

ボール保持者とゴールの間に立って守っていても、相手の攻撃が強力な場合、ゴール前にボールを運ばれることがあります。このときに、ディフェンス側の選手が実行すべきこと。それが次のコンセプトです。
 
なぜ、ボールが自分たちのゴールに近づけば近づくほど、相手選手との距離を詰めなければいけないのでしょうか? それは、相手選手がゴールに近ければ近いほど、少ないタッチでゴールを決めることができるからです。
 
特にペナルティエリア内では、少しでも時間とスペースを与えてしまうと、シュートを打たれてしまいます。そのため、ディフェンス側の選手は「手を伸ばせば相手に触れる距離」で、ディフェンスを行うことが大切です。相手にプレッシャーをかけ、自由にプレーさせないことを常に頭に入れてプレーすることが求められます。
 
そして、マークする選手との距離感は、ボール保持者がパスを出せる状況か、そうでないかによって変わります。
 
df2.PNG
 
バルセロナのセンターバック20番と5番の選手は、ボールの位置によって、マークすべき相手のフォワード34番の選手との距離を変えていました。
 
df3.PNG
 
そして、相手のボール保持者が中へ切れ込んできた時、パスを受ける可能性があった相手10番の選手との距離を詰めました。
 
df4.PNG
 
df5.PNG
 
ボール保持者が中に切れ込む前の距離感でディフェンスをしていたら、相手10番の選手にコントロールオリエンタード(方向を付けたコントロール)でシュートまで持っていかれたでしょう。
 
このようにFCバルセロナの選手達は、多くの局面でその状況に適した判断のもと、プレーを行っていました。そして、個人の判断がチームとして共有されていたからこそ、組織としても強固なものになっていたと言えます。
 
今回は(1)「相手選手とゴールの間にポジションをとる」。(2)「ボールが自分たちのゴールに近づけば近づくほど、相手選手との距離を詰める」について説明しました。これは、U13年代で身につけておきたいディフェンスの個人戦術です。
 
これらのコンセプトを、どのようなトレーニングで身につけていけば良いかについては、我々が監修した『知のサッカーDVD』などを参考にして頂けると、より理解しやすいのではないかと思います。
 
次回はワールドチャレンジを題材に、ディフェンスの個人戦術(3)「相手選手の進行を妨げるために、腕と体を使う」(4)「味方選手と味方選手の間にできるスペース(ギャップ)を埋める」について、説明したいと思います。<第2回に続く>
 
記事一覧 | 次回 >>
 
サッカーサービス社/
スペイン・バルセロナを拠点に世界各国の主要リーグの選手、チームなどに対して、コンサルティングを行う育成のプロ集団。フランスの名門パリ・サンジェルマンのアカデミーもサッカーサービスが提唱する指導メソッド「エコノメソッド」を採用している。
 
■8歳~18歳までに身に付けるべき「ディフェンスの戦術」を解説
個人からポジション別まで28の練習メニューを紹介したDVD教材「知のサッカー第3巻」はこちら>>
thinksoccer3MM_720x240_01.jpg
 
■欧州で求められるプレー判断の基準”をトレーニングする日本で唯一のスクール
Slide_20150401-500x175.jpg
1
文:鈴木智之、映像協力:スカパー!

関連記事

関連記事一覧へ

13歳までに身につけたいディフェンスの戦術講座コンテンツ一覧へ(4件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 13歳までに身につけたいディフェンスの戦術講座
  4. 動画で解説!ディフェンスにおける良い「マークのポジショニング」とは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ