1. サカイク
  2. 連載
  3. 浅井教授(筑波大学)のキック講座
  4. C・ロナウドも得意とする「ラボーナ」を徹底解剖!

浅井教授(筑波大学)のキック講座

C・ロナウドも得意とする「ラボーナ」を徹底解剖!

2012年5月15日

キーワード:シュートトレーニングパスフリーキック練習

4回にわたってお送りしてきた浅井武教授(筑波大学)のキック講座。これまで基本のキックや、フリーキックなどを解説してきましたが、最終回となる今回は相手の意表をつく「ラボーナ」を紹介します。
 
 
<< PREV | 記事一覧 |
 
 

■ラボーナ

軸足の外側に置いたボールを、軸足の後ろから回した蹴り足で蹴るラボーナは、変則的なキックの中でもとくに難易度が高いテクニック。利き足1本のプレーにこだわることが多いレフティには、このキックの名手も多く存在し、元ブラジル代表リバウドが愛したプレーです。現在ではクリスティアーノ・ロナウドや、リカルド・クアレスマ、ガンソなどのプレーにも見ることができます。
 
ただし、こういった変則的なプレーはあくまで「ここぞ!」という時に出すテクニック。正確性が低いためミスをしてピンチを招く可能性も高くなります。したがって使用する時の判断力も重要なポイントとなります。まずは、遊びの中でマスターしてみましょう!
 
 
◎ボール&足のインパクトポイントについて
 
「足の甲の中心でボールの真ん中を叩く」
当てるのはスパイクの靴紐を通している甲の中心部分で、ボールの真芯を上から「叩く」イメージで蹴る。インパクトでは蹴り足をナナメに伸ばし、なるべく足の甲の広い部分に当たるように、軸足との間隔を広くとる。最後は足首を返してスナップを利かせるように蹴ると強く叩ける。
 
ball_44(300).jpgspike_44(300).jpg
 
 
◎キックの動作解説
 
(1)アプローチ
助走はボールに対してナナメ方向から入る。蹴る前にボールの位置をよく確認して、キック体勢に移る。
44_B_01.jpg
 
(2)バックスイング
ボールの左手前に軸足を置く。体をナナメに倒して、蹴り足になる右足を軸足の後ろから回して……。
44_B_02.jpg
 
(3)インパクト
軸足の裏側から回した蹴り足のヒザ下をコンパクトに振り、足首のスナップを利かせながらインパクトする。
44_B_03.jpg
 
(4)フォロースルー
インパクトの後に蹴ったツマ先が狙ったコースへ向いていると、狙った方向へ蹴ることができる。
44_B_04-2.jpg
 
1  2
文/北健一郎

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

浅井教授(筑波大学)のキック講座コンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 浅井教授(筑波大学)のキック講座
  4. C・ロナウドも得意とする「ラボーナ」を徹底解剖!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「ボールを持つと慌てる、簡単に取られる」そんな選手が意識すべき2つのポイント
    2016年8月23日
  2. どこまでがサポートでどこからが過保護ですか?
    2016年8月18日
  3. 親はサッカー経験者の方が有利ですよね?
    2016年8月17日
  4. あなたの「子どものために」は、本当に子どものためになっていますか?
    2016年8月16日
  5. 10歳になると実践的なサッカーを学ぶトレーニングができる
    2016年8月22日
  6. Uー23日本代表MF大島僚太を生んだ!静学サッカー部のトレー二ング7選
     
  7. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  8. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  9. 子どものサッカーに、親はどこまで口出しをしていいの?
    2016年8月12日
  10. サッカーばかりやらせても、うまくなるとはかぎらない!強豪サッカーチームが夏休みにチーム活動をしない理由とは
    2016年8月 1日

一覧へ