1. サカイク
  2. 連載
  3. 浅井教授(筑波大学)のキック講座
  4. C・ロナウドも得意とする「ラボーナ」を徹底解剖!

浅井教授(筑波大学)のキック講座

C・ロナウドも得意とする「ラボーナ」を徹底解剖!

2012年5月15日

キーワード:シュートトレーニングパスフリーキック練習

4回にわたってお送りしてきた浅井武教授(筑波大学)のキック講座。これまで基本のキックや、フリーキックなどを解説してきましたが、最終回となる今回は相手の意表をつく「ラボーナ」を紹介します。
 
 
<< PREV | 記事一覧 |
 
 

■ラボーナ

軸足の外側に置いたボールを、軸足の後ろから回した蹴り足で蹴るラボーナは、変則的なキックの中でもとくに難易度が高いテクニック。利き足1本のプレーにこだわることが多いレフティには、このキックの名手も多く存在し、元ブラジル代表リバウドが愛したプレーです。現在ではクリスティアーノ・ロナウドや、リカルド・クアレスマ、ガンソなどのプレーにも見ることができます。
 
ただし、こういった変則的なプレーはあくまで「ここぞ!」という時に出すテクニック。正確性が低いためミスをしてピンチを招く可能性も高くなります。したがって使用する時の判断力も重要なポイントとなります。まずは、遊びの中でマスターしてみましょう!
 
 
◎ボール&足のインパクトポイントについて
 
「足の甲の中心でボールの真ん中を叩く」
当てるのはスパイクの靴紐を通している甲の中心部分で、ボールの真芯を上から「叩く」イメージで蹴る。インパクトでは蹴り足をナナメに伸ばし、なるべく足の甲の広い部分に当たるように、軸足との間隔を広くとる。最後は足首を返してスナップを利かせるように蹴ると強く叩ける。
 
ball_44(300).jpgspike_44(300).jpg
 
 
◎キックの動作解説
 
(1)アプローチ
助走はボールに対してナナメ方向から入る。蹴る前にボールの位置をよく確認して、キック体勢に移る。
44_B_01.jpg
 
(2)バックスイング
ボールの左手前に軸足を置く。体をナナメに倒して、蹴り足になる右足を軸足の後ろから回して……。
44_B_02.jpg
 
(3)インパクト
軸足の裏側から回した蹴り足のヒザ下をコンパクトに振り、足首のスナップを利かせながらインパクトする。
44_B_03.jpg
 
(4)フォロースルー
インパクトの後に蹴ったツマ先が狙ったコースへ向いていると、狙った方向へ蹴ることができる。
44_B_04-2.jpg
 
1  2
文/北健一郎

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

浅井教授(筑波大学)のキック講座コンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 浅井教授(筑波大学)のキック講座
  4. C・ロナウドも得意とする「ラボーナ」を徹底解剖!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ