1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイク親子キャンプ
  4. 『子ども目線で一緒に考えて、自立を促すコミュニケーションを』1泊2日サカイク親子キャンプより③

サカイク親子キャンプ

『子ども目線で一緒に考えて、自立を促すコミュニケーションを』1泊2日サカイク親子キャンプより③

2013年7月10日

キーワード:コミュニケーション親子

DSC01595_600.jpg
 
南房総(千葉県鋸南町)・サンセットブリーズ保田で、6月29日から30日にかけて開催されたサカイク親子キャンプ。昼間のトレーニングで体をいっぱい動かし、親子セミナーでは、頭をフル回転させたのですから、子どもたちも、あっという間に寝付いたことでしょう。さあ、ここからは大人だけの時間です。「保護者ためのセミナー」が始まりました。
 
 
<<サッカーの試合で一番いいプレーを選ぶには?
 
 

■子どもの自立を促すサポーターになるには

もう一度、今回のサカイクキャンプのテーマを振り返ってみます。
 
『子どもの心の動きを感じ取り、子どもの気持ちにしっかりと寄り添ってあげること、その上で、子ども目線で一緒に考え、自立を促す関わりをしていくこと』
 
ここで最も大切なのは、親自身の「あり方」だと言います。それは、子どもが困難に立ち向かったときに解決する術を伝えるために、ただ手を差し伸べてしまうのではなく、子ども自身の力によって解決できるように寄り添ってあげること。
 
それでは、須田コーチの説明したポイントをあげてみましょう。
 
 

■聴く~信頼関係をつくる傾聴の方法

子どもが話しかけているのに、何か他のことをしていたり、子どもの話を遮って、自分の意見を言ったりしていませんか? これでは、子どもは「ちゃんと話を聴いてもらえていない」と感じてしまいます。
 
子どもとの会話では、「いつ、どこで、誰が」などと問いかけることをしながら、子どもの発する声のトーンや表情などにも意識を向け、子どもの気持ちや考えを理解しようと心がけてみましょう。話を聞くときに相手の雰囲気や仕草などに意識を向けてみると、話し相手が言葉として表していないことも空気感として伝わってくるものです。その状態で会話をしていると「自分の話しを一生懸命に聴いてもらっている」、「受け入れてもらっている」という感覚を子どもは持つことができます。
 
DSC01639_600.jpg
 

■問いかける~クローズドクエスチョンとオープンクエスチョン

子どもに問いかけをすることは、話を広げたり、深めたり、答えを引き出したり、やる気を引き出すコミュニケーション方法として有効です。
 
「レギュラーになれそうなの?」と、相手が「Yes」か「No」で答えられるような質問をクローズドクエスチョンといいます。答えをすぐに引き出したいときに有効ですが、反面、「レギュラーになれない」ことを責められていると感じられる場合もあります。そこで、「レギュラー入りできるレベルを10とすると、あなたは何点くらいのところにいるの?」と相手が考えたことを自由に答えられるようなオープンクエスチョンという質問方法と併用できるとよいでしょう。
 
オープンクエスチョンは、相手にじっくりと考えさせたい時に効果的で、答えを取りに行くプロセスのなかで、新たなことに気づくきっかけや、より考えを深めるための見つめ直す機会にもなります。
 
 

■認める~認知のスキル

親は子どもへの期待が大きいと、つい「がんばれ、がんばれ!」と言ってしまいたくなるものですが、子どもとしては、精一杯に取り組んでいるのに結果として現れないこともあります。そんなときにでも「がんばれ!」と言われるのは、苦痛やプレッシャー以外の何ものでもありません。
 
そこで、親が心がけたいのは、「結果や成果ではなく、取り組んできた姿勢や過程を認め、そのことを伝えてあげる」ことです。人間は誰しもが「認められたい」との欲求をもっているものです。自分が大切に思っている親から認められる(認知)ことは、安心感や信頼感へと繋がっていきます。
 
DSC01456_600.jpg
 

■昼間のトレーニングで実践したことを冷静に振り返ることのできる時間

この3つのポイント、実は昼間に実践してきたことなのです。ブルーシートを使った「バケツ入れ」のゲームを思い出してください。
 
はじめは大人に指示をされて、上手くいかないときはつまらなそうにしていた子どもたちでしたが、大人たちが自分たちの意見を「聴く」ことによって、チームワークという信頼関係が生まれました。大人たちは、子どもの声に耳を傾け、そのアイデアを広げたり、深めたりするために「問いかけ」をしました。その発想を支持し、たとえ上手くいかなくても「認め」褒めていました。結果として、子どもたちは、いきいきと自分たちのアイデアを出し合い、成功したときには心から楽しそうな表情を見せていたのです。
 
このように、昼間に実践したトレーニングをゆっくりと振り返る時間が設けられるのも、今回のサカイクキャンプが宿泊型であったことによる大きなメリットなのかもしれません。
 
「僕たちが、サカイクキャンプでお伝えするのはヒントだけです」と須田コーチは言います。今回体験したことを家に持ち帰ったときに、どのように感じ取られるのか? それは各家庭によっておかれた環境やスタイルはそれぞれ違うことでしょう。参加のきっかけも、「周りとのコミュニケーションの取り方」、「子どもが自立するためのきっかけ作り」などがありました。
 
しかし、いずれにしても、「子どもたちに過度な要求をせずに、オリジナリティを尊重して、子どもとの信頼関係を気づいていくこと、そこの部分を一番大切にしてください」そう須田コーチは締めくくりました。
 
 
suda.jpg
●須田 敏男//
・現 職:シンキングサッカースクールコーチ
・資 格:JFA公認A級ライセンスU-12
     JFA公認キッズリーダーインストラクター
・指導歴:バイヤー04レバークーゼン ユースアカデミーコーチ
     福島県トレセン U-13コーチ
     福島県トレセン U-11チーフコーチ
     福島ユナイテッドFC U-15監督
 
 
取材・文/山本浩之 写真/サカイク編集部
1

関連記事

関連記事一覧へ

サカイク親子キャンプコンテンツ一覧へ(11件)

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイク親子キャンプ
  4. 『子ども目線で一緒に考えて、自立を促すコミュニケーションを』1泊2日サカイク親子キャンプより③

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  4. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  5. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日

一覧へ