1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. プロカメラマンに聞く!サッカー撮影の極意

身近な話題

プロカメラマンに聞く!サッカー撮影の極意

2011年10月24日

キーワード:写真

決定的なサッカーシーンを撮影したい!そんな願いを叶えるべく、プロのカメラマンに撮影術について聞いてみました。プロのカメラマンでも、サッカーの写真を撮ることは、難しいのだそうですよ。

<<この記事を最初から読む

11-08-26-01.jpg 11-08-26-02.jpg

■とにかくたくさん撮ること

サッカー中の撮影で一番大変なのは、子どもにピントを合わせることでしょう。「今だ!」とシャッターを押したつもりなのに、ボールが足にミートしている、などの決定的瞬間はもちろん、子どももブレていることが多いのではないでしょうか? プロのカメラマンでも"動きの早いサッカーでピントを合わせるのは至難の技"なのだそう。

でも、カメラマンはそんなサッカーでも、決定的瞬間を捉えています。その秘訣はずばり、 『とにかくたくさん撮ること』。

1日撮影をするなら8Gくらいのメモリーを用意して、カメラの容量を多くします。そしてとにかくたくさんシャッターを切る。そうすることで、かっこいい写真が数枚は撮れるのでは、とのこと。ボールをジャストミートしているシーンなどなら、連写モードがおすすめ。シャッタースピードが上がるので、決定的瞬間を撮影できる確立がUPします。

■子どもの動きを予測する

野球ならピッチャーはマウンドで投げバッターは打ったら1塁に走る、バレーボールならコートの中でボールを受ける、トスを上げる、アタックすると、一連の動きに法則がありますが、サッカーにはそういった法則がありません。

今ボールを持っている子が、どこにパスを出すのか、その時周りはどう動くのか。たくさん子どもたちの試合を見て、動きを予測できるようになると写真も構えやすくなります。 被写体にピントを合わせ半押し状態で、ボールを待つのもひとつの方法です。が、被写体も動きまわるので、なかなか難しい点もあります。

1  2  3
取材・文/kilohana 前田陽子 写真/小川博久(第35回全日本少年サッカー大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

身近な話題コンテンツ一覧へ(17件)

コメント

  1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. プロカメラマンに聞く!サッカー撮影の極意

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ