1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. サッカーの歴史を学びに、日本サッカーミュージアムへ行こう!!

身近な話題

サッカーの歴史を学びに、日本サッカーミュージアムへ行こう!!

2011年7月28日

キーワード:夏休み

子どもが興味を持って作業できる自由研究のテーマとして "サッカーの歴史"はいかがですか。東京・御茶ノ水にある日本サッカーミュージアムなら、楽しみながらサッカーの歴史について学べます。

<<この記事を最初から読む

■日本サッカーミュージアムへ行こう!! 

11-07-28-1.jpg 11-07-28-2.jpg

JRや東京メトロ御茶ノ水駅から、サッカー通りを通って約6分のところに、日本サッカーミュージアムはあります。このミュージアムは、アジア初、FIFA史上初、日本と韓国の共同開催となった2002年FIFAワールドカップを記念して作られたもの。日本サッカー協会の建物の中にあります。

1階と地下1階の部分は無料で楽しめるエリアになっていて、2002年のワールドカップの様子がヴァーチャルスタジアムで見られたり、日本代表グッズを販売するショップなどもあります。2002年の大会時に代表チームが宿舎で遊んでいたものと同タイプの、フーズボールも設置されていて、子どもから大人まで多くの来館者が楽しんでいます。

ミュージアムの展示のメインは、地下2階にある有料フロアに集っています。2002年大会に参加した国のユニフォームや、日本選手たちのグッズなど、興味深い展示がたっぷり。150インチの大スクリーンで見る3D映像は迫力満点です。

11-07-28-3.jpg 11-07-28-4.jpg

1  2
取材・文/kilohana 前田陽子 写真/与儀達久

関連記事

関連記事一覧へ

身近な話題コンテンツ一覧へ(17件)

コメント

  1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 身近な話題
  4. サッカーの歴史を学びに、日本サッカーミュージアムへ行こう!!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ